メモ書き

****

今のロシアは「2週間前の北朝鮮」と、命の喪失を喜ぶなかれ

北朝鮮の軍事パレードは、4月25日午後10時。
感染者の発表が5月13日、確認は8日。先月下旬から、発熱者が増えている……。

youtu.be

PCR検査が可能だったんだ」という感想はさておき、パレードから確認まで2週間。
韓国メディアでは、パレードでの感染も示唆されている……。

で、ロシアの対独戦勝記念日は5月9日。
2週間後は、5月23日。バイデン大統領が来日する頃。

米大統領を「八芳園」でもてなし 来日時に夕食会―岸田首相調整

www.jiji.com


「軍事パレード」⇒「感染拡大」という流れだけで見ると、タイトルの『今のロシアは「2週間前の北朝鮮」』となるってメモ。

もちろん、ロシアと北朝鮮じゃ条件が違うというか、ロシアの医療体制は北朝鮮ほど酷くないので、同じようには ならないでしょう。
というか、この「2週間前のXXX」というフレーズ自体が、見当はずれフラグなんだけどね。

新型コロナ、いまの日本は「2週間前のニューヨーク」かもしれない

gendai.ismedia.jp


上の記事は読んでいないので詳細は知りません。
ついついネットのニュースを見てしまうのですが、著者名で「飯塚 真紀子」とあるとスルーする癖がついているので、上の記事も読まない……。
また、謎の海外マウント&根拠ない文章かな? と思っちゃうので。

彼女に限らず、経歴に「海外の地名」が入っている人は、その土地に対する想いによってバイアスがかかっています。
大きく分けると3パーン。海外の地を冷静に分析できる人、海外の地の良い点しか見えない人、海外の地の悪い点を語りたい人……。言うまでもなく、後ろ2つがバイアスがマシマシな例。
日本に良い思い出が無い人ほど海外をよく語り、向こうでの生活に嫌な思い出がある人ほど海外を悪く語り、どっちにも嫌な思い出が無い人が冷静に語る……気がするかな? 偏見だけど。

あとはそう、好きすぎて憎さ100倍くらいな複雑骨折系の人も、たまにいますよね?
学者とかで。

* * *

で、タイトルの後半『命の喪失を喜ぶなかれ』のこと。

こういうご時勢なので、「滅んでくれたら平和に」という気持ちになりがち……。
実際、そうなんでしょうけど、だからって誰かの不幸を願うのは、人として不健康なわけですよ。

いくら軽蔑すべき相手だからって、誰かの死を諸手を挙げて喜ぶ……。
いや、生きるか死ぬかの瀬戸際にいる人にとって、敵の死は自分の生存確定なんで、喜ぶのも無理ないけれど、遠くにいる第三者が人の死に喝采を送るのは違うよね。

憎き相手であっても、生死だけは淡々と受け止めるべき。

そう思ったというメモ。

……なんだけどね。
現実問題として、軽蔑すべき相手の死は、様々な問題の消滅に繋がるので、「生命の喪失」ではなく「問題の消滅」を喜んでいるような……。
だから、前のような記事になるわけです。

att3200.hatenablog.com


問答無用で「命の尊厳」を大事にする一方で、相手の「命の尊厳」を重要視したら、こちら側の「命の尊厳」が脅かされる場合、その是非は何処にあるのか。

そんな命題が突きつけられる気がします。

日本というポジションで考えた場合、不法占拠されている北方領土を取り返したとして、そこで住んでいるロシアの人をどうするのか……。
彼らに出て行けというのか、それとも前みたいに日本人と一緒に暮らすのか。
社会保障は、どうするのか。
行政は……。

諸々のことを考えた際に、彼の地の軍隊も徴兵されて、北方領土から出ていけば少しは……とか思うわけです。

北方領土「史上初」戦勝パレードに“未確認”特殊部隊 ロシアの思惑は?小泉悠氏解説(2022年5月15日)

youtu.be


日本で、これですからね。
攻め込まれている国からすれば、相手を自国から追い出してゴールで“終われる”の?

他国に攻め入るのは、国際法上アウト。
その法を順守する国は、攻め込まれても攻めていかないので、攻めてくる国は焼け野原にならない。

これって、ペナルティに近い。

だからって、やられたらやり返すを繰り返したら、同類になりかねない。
まぁ、この辺はイスラエルあたりに訊くべきテーマかも……。

* * *

ってな具合に考えた場合、お行儀よく戦う国にとって、相手の国に進軍するわけにいかないので、向こうの反政府勢力に頑張って欲しいところでしょう。
あるいは、国が分裂していき、ヤバい連中が勢力を失っていくとか。

といったことを考えると、最初に戻るわけです。

『今のロシアは「2週間前の北朝鮮」』

そうなったら、いろんなことが解決しちゃいそうなんで。
誰かが領土を侵すことなく、相手の国にダメージが降りかかる……。

* * *

ちょっと話がそれるけど……。

特別委員会での岡田克也委員の質問に対する岸田外務大臣の答弁「国際法上は、予防攻撃も先制攻撃も認められておりません。これは国際法に違反するものであります。」

www.shugiin.go.jp

 

ロシアが行ったのは、侵略に備えた先制的な対応だ。

www3.nhk.or.jp


先制攻撃は、国際法に違反するもの。
もう一度、当時の外務大臣は言うべきでしょう。同じことを。

チンピラ国家は、潰すしかないよ?

シンプルに考えれば、チンピラは いない方がいい。

一方的に絡んでくるチンピラの難癖、俗にいう「相手の言い分」を聞いても仕方がないし、一度でも聞けば「効果がある」と思って繰り返す。
すると、犠牲者が増えていくわけだ。

話を聞かないと殴られるからと、あれこれ我慢して互いの暴力を封じても、チンピラには約束を守る気などない。
なぜなら、それがチンピラというものだから。

チンピラには「暴力で相手を従わせた成功体験」しかないので、他の方法など浮かばない。
「言うことを聞く奴」=「弱い」であり、「俺、強い」という思考回路なのだ。

更生施設で“他の方法”を教えようとしたところで、そもそも真っ当な努力ができないからチンピラをやってるんだから、根本的な解決に繋がりにくい。

ということで、いなくなってもらうのが最適解じゃないかって話。

それは、国家にも言えること。

* * *

でも、中には“良い人”もいる……?

https://pbs.twimg.com/media/EP5PuuiVAAARdzH?format=jpg&name=small

個人としての良さは、社会性としての良さとは別だからね。
「私にやさしい」で「個人としての良さ」を測っても無意味。

たいてい、人は誰かに対しては優しい。
問題は、誰に対して優しいのか。

犯罪者に優しいようじゃ終わり。

陰謀論者の仲間内で優しいでも終わり。

そういう意味で、洗脳教育を受けた存在は、その洗脳を解くまでが厄介だし、その後のフォローも大変。

ってなことを考えると、同志という思想で繋がる平等主義者特有の排他性……。
少しでも志が違うものを許容しない精神性による伝統芸「内ゲバ」で、数を減らしてもらった方が、周囲の人間にとっては楽かもしれない。

* * *

互いの正しさがぶつかると……?

https://記事作成代行.jp/wp-content/uploads/ryou0506-2.png

いやぁ、チンピラはチンピラだよ。
誰かが「ダメなものダメだ」と言い、力ずくででも止めない限り、犠牲者は増え続けるでしょう。

ということで、結局チンピラ国家は、潰すしかないとなる。

だからね、「落としどころ」なんて要らないんだよ。
それって、問題の先送りでしかない。

根本解決とは、問題の消滅。
同じことを繰り返さない仕組みの構成。

それは紙に書いた文章で決定することじゃない。
人々が何を重視し、守ろうとするか……。

それを共有できない時点で、チンピラはチンピラなのだ。

チンピラをチンピラと言えない時点で、そっち側の発想と思われ、距離を置かれるのも当然のこと。

「発酵大国にっぽん」の感想

日本の発酵食品と、その作り方を紹介する番組の感想です。

これは、発酵文化や製法の紹介番組の皮をかぶった飯テロ番組……。

* * *

まず、八丁味噌

www.8miso.co.jp

ピラミッドみたいに積み上げられた重石をよせ、樽の中の味噌を舐めたら「チョコレートみたいだ」とか……。

なんか、食べてみたい気になりますね。
食レポが秀逸。


続いて、しょっつる

www.shottsuru.jp

ハタハタの解説から、しょっつるの作り方&使い方、ハタハタ寿司の作り方等々。
で、実食。

発酵した直後のものを舐めるとパンチがあるけど、濾過したものは 料理に使いやすい調味料に。
当然のように鍋と寿司を食う……。


で、かんずり

kanzuri.com

唐辛子の発酵食品。
これは知らなかった。

「雪さらし」という発酵方法は、和紙の色抜きを彷彿とさせます。

www.oguniwashi.com

どっちも新潟だけどね。

かんずり」の使い方は、ケチャップのようでした。
焼き鳥につけて食べたり、沢庵につけて食べたり……。

それを肴にして、濁酒を飲むという。

 

最後に、青ヶ島の焼酎。

item.rakuten.co.jp

島にしかない植物から取れる黒カビで麦を発酵させ、そこにサツマイモを投入して作る酒。
商品名こそ「あおちゅう」ですが、杜氏によって味が違うので、ラベルに杜氏の名が刻まれています。

番組でスポットが当たったのは、奥山直子名義の焼酎。
作ってるのは息子。

ここでは、島の唯一の娯楽施設「居酒屋」で、「あおちゅう」の飲み比べとカラオケする様子も。

* * *

いやぁ~、美味しそうでした。

それぞれの発酵食品の映像を海外の発酵に詳しい人に見せ、コメントを言ってもらう構成でしたが、最後に「日本に行きたい、美味しそう」と言ってるの見て、これは観光用映像じゃないかと思ったり、思わなかったり……。

ツイッターの「ツイート報告」機能を使った話

ツイートの右上には「…」があり、そこを押すと様々な機能が使えます。

 

上の画像は「ツイート報告」という機能を使った結果。
「通知」メニューで知らされた内容になります。

投稿者とは特に絡みは無いのですが、トレンドに入っていた政治系ハッシュタグをチェックしてみたら、個人を名指しして“脅し”というか、“暴力行為”を予告するような内容があったので、「こういうのって、ガイドライン的にアウトだよな」と思い、先の機能を使ってみた次第。

使用すると、どうなるのか……。

そこそこ気になっていたところ、報告から しばらく経って、通知が届いたわけです。

その後、投稿者のアカウント名を検索したところ、「ツイートできなくなった」と出ました。
でもって、「XXにとって、よほど都合が悪い内容だったのだろう」と言い、そのXXという方の仕業と思っているようでした。

まぁ、私の行動だけが理由とは思いませんが、ああいう人っていうのは、そういう思考回路なんだなと、改めて思った出来事でした。

何といいますか、中二病的に「公安にマークされた!」とか言ってしまう感じの人だったので。
いやぁ、ただの規約違反だよ?

* * *

久しぶりに投稿主を探してみたら、また同じような投稿を始めてました。

「ニュースは、見ない方が得」かもしれない説

「時事問題を知る」⇒「それを受けての行動変容は無い」
「時事問題を知る分の時間を趣味に費やす」⇒「楽しんだ」

こう捉えたとき、あれこれ考えずに「楽しんだ方が得だった」と言えなくもない。
知ったところで、「知った」という結果にしか繋がらないうえに、知ったことで気分を害するようなら、楽しことをしていた方が“良い時間の使い方”になる。

もちろん、時事問題から行動変容へと繋がり、将来の利益に大きくかかわるなら、話は別。

だけど、個人レベルでどうにもできない話題に夢中になり、その情報を誰かと共有したところで、どれほどのことがあるのか……。
見解の相違について意見を交わしたところで、有意義何かを見出すのは難しいのではないか……。

そんな風に思ったというメモ。

* * *

「ニュースが大事だ」という身内が、朝の情報番組(ワイドショー)を見るのをやめ、スポーツ中継を見ているのを知り、上記のようなことを思った次第。

まぁ、その……。
戦中を生きた人間にとって、見たくない映像が流れやすいからね。
そういうのを見て、呼吸を荒くされても困るし。健康的な意味で。

ロシア・中国・北朝鮮の違いと、今後の日本

経済制裁なんて、意味が無い。北朝鮮が、まだ存在しているから」

たまに目にするのが、上記のような内容。

経済制裁」の目的が「存在消滅」なら、「そうですね」になるけど、何らかのペナルティを武力以外で示すとなると、「経済制裁」くらいしかないんじゃないの?
そう思わないでもない。

でもって気になるのは、「北朝鮮がこうだから、ロシアは」という論理展開。
北朝鮮とロシアじゃ条件が違いすぎて、同じ対処をしても効果に差が出る気がすると思ったので、その辺を考えるために“違い”に目を向けようかなと思った次第。

* * *

強権政治の国々を並べて見た場合、北朝鮮の特色は世襲制にある……。

トップに君臨するために、選挙を必要としない。
これは、新たな候補者という脅威が出づらいうえに、権力継承の正当性みたいなものがあり続ける。

「次のトップは誰がいいか」という思考の放棄。
この思考停止状態が国としての停滞を生む……。

「次のトップは誰がいいか」には、「誰なら、良い方向に導くか」という問いも含まれるし、「あるべき国の姿」にも言及できる。
それを考えなくなり、候補者同士の競争がなくなれば、誰も「善き方向へ向かう政策論議」など、しなくなる。

逆にメリットを考えるとするなら、候補者同士が武力衝突しないし、選挙費用がかからないことくらい。
最大のデメリットは、権力者の気分次第で万事が決まること。機嫌を損ねたら殺されるし、自由も簡単に奪われる。

この世襲制だけ見ても、北朝鮮国内において神格化された一家は特別過ぎて、その辺の権力者とは基盤の安定度が違う気もする。

じゃ、他の権力者が世襲制を始めたら……。

その可能性を考えた場合、権力者の神格化作業が必要になる。
習主席「赤い遺伝子」の継承は、それに近いような……。

ただ、彼の子供は娘一人。
プーチンも娘。

この辺が、ある意味“救い”であり、今後の世界の“運命”かもしれない。

* * *

他の要素として、真っ先に考えるべきは国民の状態。

北朝鮮では、満足に情報を得られる手段が無い。

北朝鮮のネット使用率 世界唯一「0%」=国際機関報告書

jp.yna.co.kr

完全なる情報統制下におかれているので、反政府的な活動に発展しづらい。
そもそも、ろくに電力も……。

<デスクの眼>電力難続く北朝鮮 人口7割近く電気使えず 家庭では太陽光発電を取り入れるが…

www.tokyo-np.co.jp

生きるのがやっとな国民では、反乱を起こすのも難しい。
せいぜい、自分の利益のために強盗を繰り返すのが関の山。
まぁ、それが暴動に繋がれば別だけど。

そんな北朝鮮が持ちこたえているのは、ハッキリ言って自国の力じゃない。
ある意味、他国に依存している。
その依存している国が潰れるか、関係を変えると劇的に変わる可能性があるかも……。

北朝鮮は孤立していない」 ヨーロッパから見える姿を専門家に聞く

globe.asahi.com


この北朝鮮に比べれば、多くの国民がスマホを持つ中国やロシアは大きく異なる。
VPN接続で外の情報を手に入れらるし、発信もできる。
規制されても、一定数を超えれば拡散力が上回る……。

当局が削除しても拡散…封鎖1カ月、上海の叫び 動画「四月之声」が話題

www.nishinippon.co.jp

でもって、民族が単一じゃない。

ロシア人80.9%のほか、180を超える少数民族から成る。タタール人3.9%、ウクライナ人1.4%、バシキール人1.2%、チュバシ人1.1%など(2010年調査)。

www.arukikata.co.jp

 

漢民族(総人口の約92%)及び55の少数民族

www.mofa.go.jp


共産圏の統計データはアテにならないけど、色々いるのは想像できる。
中国に至っては、一人っ子政策時の隠し子というか、戸籍なしの人もいるでしょうから、もっと多いはず……。

民族以前に、都市と農村で戸籍が違うし、雇用データに農村が入ってなかったりして、分析する側からすれば厄介。

ということを書きたかったんじゃない。
多民族国家は、強い締め付けが揺らいだ時、民族単位で分裂しやすいという話。
固まって住んでいる場合はね。

ロシアの場合は、地理的な条件で分裂するかもしれないけど。

気候変動で永久凍土融解、ロシア経済脅かす

jp.wsj.com


* * *

国防という観点で見た場合、その国土の広さがネックになることもある……。

「一人の兵士が守れる面積」なる概念があるとすれば、広いほど多くの人がいるわけです。
「この5階建ての建築物だと、警備員は3人は要りますね」みたいなもの。

もちろん、地形を考慮して要所を抑える発想をすれば、面積で計算できるものじゃないとなるけど、広くなるほど費用が増えるのは想像に難くない。

その点で見ると、北は仲間の中国で、西と東は海、南だけ警戒すればいい北朝鮮は割と楽。
そこまで面積も広くないし、南のトップがアレだったし……。

それ比べ、ロシアや中国は他国と接している面積が大きい。


* * *

こうしてチェックしていくと、改めて気づかされるのは中東やアフリカの国々の外交センスの無さ。

もしかしたら勘違いかもしれないけど、そう感じてしまう……。

“ロシアのせい”で、穀物の輸入先であるウクライナがダメになってるのに、ロシアを批判しない。
そのロシアや北朝鮮に武器を依存し、西側と距離ができている……。

中には、返す目途も立っていないのに、やたらと中国から金を借りる国も……。

発展途上国が先進国にならない理由は、その辺にあるのかも。

* * *

で、最後に「今後の日本」について。

誰かが想定外の行動を取るだけで、簡単にリスケジュールが組み込まれそうだけど、一応は下記のような印象。

参議院選挙前にインバウンド需要回復で、観光業の票集め
・選挙後に原発を再稼働し、余ったLNGなどを欧州に融通して恩を売る
・反原発を活性化させないために、再稼働の準備スタート報道を目立たなくしようと、キャッチーな話題作りとしてデカい不正のリーク
ウクライナへ地雷除去の機械、組み立て式ハウスの提供
・工場労働系産業の国内回帰と氷河期世代の雇用、退職する頃には自動化検討

youtu.be

* * *

【追記】
貧乏慣れしてる人と、そうじゃない人では、制裁の影響も違うだろう。
というのを書き忘れた。

「かつてブータンの幸福度が高かったのは、情報鎖国によって他国の情報が入ってこなかったからでしょう。情報が流入し、他国と比較できるようになったことで、隣の芝生が青く見えるようになり、順位が大きく下がったのです」

www.moneypost.jp

この一点だけ見ても、北朝鮮は特殊。
他を知らないから、我慢ができる。
他国が享受している幸せを知らないから、我慢を我慢と思っていない。

あと、そうだ。
彼らにとって強権政治が当たり前なほど、そのトップが失墜した後の混乱は増すでしょう。
独裁者を“悪の親玉”と捉え、奴を倒せばオールOKと思いやすいけど、実際には別の“悪の親玉”を生む機会を作るだけかもしれない。

「アイツの方がマシだったな」と、混沌とした社会を見て、思う人もいるでしょう。

“悪の親玉”とは個人ではなく、それを生む土壌なのだと気づいた頃には、別の“悪の親玉”を見つけて……。

「基地があるから攻撃される」という思想

たまに見る「基地があるから攻撃される」という発言。

なぜ、そう思うのか考えてみる……。

* * *

近隣の国が基地の存在を気にするから、問題だと思っている。
軍事施設から先に攻撃されるから、問題だと思っている。

こんなところでしょう、たぶん。

実際に基地をなくせば、どうなるのか。
おそらく、優先攻撃目標が変わるだけ。
優先目標第一位の基地が無いので、情報発信機能を叩く、政治的重要施設を叩く、治安維持に関する部署を叩くに変わる……。
具体的に書くと、軍事施設がなければ、議会、警察、放送局関係を先に叩くだけ。

最優先で軍事施設を叩くのは、侵攻の邪魔になるから。
そのまま放置しておくと、侵攻する側の被害が増えるというシンプルな理由。

犯罪者が監視カメラを壊すような理屈。
自分の立場を危うくするものから消すという簡単な理由。

だから、基地をなくすというのは、犯罪者に気をつかって防犯設備を少なくするようなもの。
攻めやすくするという相手のお手伝い……。

軍備を縮小して平和実現という発想が、平和を脅かす発想となるのは、相手の目線が欠けているから。

「相手の目線が欠けている」と書いたけど、中には相手の意図を理解し、手助けしている人もいるでしょう。

まぁ、そんな話。

* * *

でもって、そういう考え方の人と上記のようなことを話したとして、考え方みたいなものは変わらないはず。
「世の中にはヤバい奴がいる」と認識しないと、説明がつかない事例は多々あるのに、その前提を認めずに「みんな、本当は良い人」を信仰しているから、おかしな発想を繰り返す……。

いや、自分に不都合な考えの人は「みんな、本当は良い人」から除外してるか。

「何が現実として正しいか」なんてものは、それを求めていない人には価値が無いもの。
仮に、自国のトップに「強さ」しか求めていないのなら、その行動が人として「正しいか、どうか」なんて、どうでもいいに違いない。
まして、「強さ」なんてものを求める頭の悪さから抜け出せない時点で、救いようのない思考回路と言えなくもない。田舎のヤンキーと一緒。

事実を見せたところで、悪い夢くらいにしか思えず、非現実的な妄想を現実とし、誤った行動を取り続けるでしょう。

だからこそ、争いは長期化する。

* * *

あと、そうだ。

権威主義国家では検閲があるって言うけど、西側諸国のSNSでもBANされたり、投稿が削除されたりするから同じだという発言を目にしました。

権力者に不都合な情報を消すのと、利用規約違反や著作権侵害で消されるのじゃ、意味合いがまったく違うんだけど……。
むしろ、法的に、あるいは倫理的にダメな投稿をチェックし、適切な対処を採ることは、検閲ではなく管理と呼ぶべきじゃないかと。

パクリだらけのキャラクターがひしめき合う遊園地を放置しているのを見て、「これが、自由だ!」とか思わないでしょ?