メモ書き

****

スウェーデンに学ぶ

よくあるスウェーデンに学ぶ。

aginggracefully.asahi.com

別の意味でのスウェーデンに学ぶ。

法務省案に最も近い「選択制」を採用しているただ一つの国・スウェーデンが議論の俎上に登らない。そこには推進派にとって都合の悪いこんな事情があった。
引用元:夫婦別姓論議・なぜ「スウェーデン」は語られないのか


あまり話題にされないスウェーデンの銀行に学ぶ。

www.nhk.jp


* * *

ただのリンクメモです。

「海外では~」という ありふれたフレーズを口にする人は、その国の人々に どのくらいの賢さを感じているのだろう……。
ふと、そんなことを思うことがありました。

「海外では~」と言う割に、そこにいる人たちへのリスペクトは感じられない。

彼らは、ただ単に「日本下げ」のネタとして「海外では~」を用いているのか、はたまた「海外では~」を知っている自分上げのアピールをしたいだけか……。

そんな人たちに、国別の何たらランキングを見せられるたび、「基準も不明なランキングを拾ってきて……」と思う一方で、これって「日本スゲー」みたいな番組の海外版だよなとも。

ほら、産業でも文化でも「コレ」というものが無い国が、「自分の国が上位に来れるランキング」を作成し、それで満足感を得ようとしているみたいな?

自分を肯定する何かがないと人は生きづらいように、その国で生きる理由を探すうちに、そういうランキングなんかを作っちゃって、自尊心を保っちゃっている。
それを真に受け、「うちの国はダメだなぁ」とか言っちゃう。

それって、どうよ?

* * *

よくわからないランキングといえば、上位の常連にいるのは北欧。
そこが指定席とばかりに存在するのは、もはや現代の北欧神話
神々に許された上位席に座り、規模が桁違いの国に「うちを目指せ」という……。

都道府県レベルの存在でも、国には国。
日本5個分くらいの国でも、国には国。
一緒くたに「同じ国」として、規模を無視した比較ランキングとか、無責任な煽りにしか思えないことも……。

それは、それとして。
この手の定番とくれば、個人的にはスウェーデン

正直よく知らない国だけど、この一年で社会実験の国というイメージになりました。

で、そのスウェーデン絡みのリンクをメモしただけの内容です。
いつか読もうと思って日が経ちました。

労働力を否定すると、殺されかねない

例えば、農作業のために水牛を飼ったとする。

で、その働かせぶりを見た誰かが「動物虐待だ」と騒ぎ、水牛を使用して作られた農作物の不買運動を起こす。

騒ぐ側は自分たちに正義があると信じているし、彼らに賛同して不買運動する人も同様。

結果、水牛を使用して作られた農作物は売れなくなり、そういった物は市場に出なくなる……。

これで、運動を起こした側にとっては、ハッピーエンドかもしれない。

だが、水牛は どうなるだろう?

労働力として購入し、飼っていたのを否定されれば、水牛の存在価値はなくなる。
エサ代もかかるので、早く肉にしようと思うだろう……。

だって、彼らにとっての正義は、生活することだから。
できるだけ損をせずに、多くの得を求めるのが、生活するということ。

それに、彼ら目線で物事を見れば、「水牛が原因で文句を言われた」=「原因を排除すれば、文句を言われない」という解釈に至りやすい。
何せ、労働力として水牛を見てきた人だもの。
他者の虐待思想を押し付けられたところで、すぐには理解できないだろう。

まして、短絡的な思考をする人なら、不愉快な情報を運んできた人や、それに関わる存在に憎悪が向き、「コイツのせいで」と……。


* * *

「労働力としての水牛」でも、これだけのモヤモヤした何かがあるのに、「労働力としての人間」だったら、そのモヤモヤは計り知れない。

どこかで強制労働の事実があれば、それにネガティブな感情を抱き、アクションを起こす気持ちはわかる。
一方で、その先に待つのが水牛と同じ運命であれば、どうするのか……。

強制労働をさせている時点で、相手はサイコパスである。
同じ論理で動いてはいない。
労働力を否定すると、救うべき対象を殺されかねないのだ。

もし、そうなったら、どんな言い訳をするのだろう?

「こんなことになるなんて、思わなかった」

そう言って、悲劇のヒロインでも演じるのか。
自分も思いを踏みにじられ、傷ついた被害者だと言うのか……。

* * *

……といったことを考えると、ポルタ湖の人買いから子どもたちを取り戻す人たちは、よくやっているなと感心する。

www.nhk.jp

まぁ、「人身売買 子どもたちの再出発」ってドキュメンタリー番組で知った範囲でしか知らないけど。

春先に多い意外な粗大ごみ

ごみ処理センターへ直接搬入したメモです。

普段は、指定のゴミ袋に入れて回収を待つだけ。
その袋に入りきらない粗大ごみなどは、粗大ごみ処理券を買って依頼……。
こういった自治体は少なくないはず。

以前、東京に住んでいた頃は指定の袋はなく、レジ袋に入れて出していたと記憶しています。
粗大ごみ処理券はあって、ネットで予約していました。

で、今は地方のド田舎。
探しても、ネット予約のページが見当たらない……。

まぁ、ないんでしょうね。
高齢化が際立つ地域なので、そんなの用意しても、使う人が限られているでしょう。
であれば、電話受付で充分と考えるほうが妥当。

* * *

妥当……?

田舎だと、処理施設に直接持って行ったほうが早いんですよね。
それほど人口も多くないし、むしろ作業員の手間が減るし……。

ということで、何年かぶりに処理センターへ直接搬入しました。

料金は、車体ごと重量を図り、その増減で計算されます。
行きは150kgで、ごみを降ろした帰りが100kgなら、50kg分の料金って具合。

重量基準なので、大きいけど重くない物は、直接搬入すると安いでしょう。
仮に50kgくらいあっても、カクテル1杯くらいの料金ですけどね。

* * *

前に行ったときとの大きな違いは、混んでいたこと。
ここで入場待ちとか、初めての経験です。

行く前に電話で問い合わせたら、空いている時間帯はなく、いつも並んでいる模様。
以前は、平日の午前は空いていますと言われたのに……。

「春先だし、引っ越しやら何やらで片づけて、捨てに来る人が今だけ増えたんだろう」

……ってな想像をしたのですが、どうも違うっぽい。
来ている軽トラの荷台を見ると、木の枝が多い。

「あぁ、大雪で折れたんだろうな……」

根拠はないですが、そういう予想をしてしまいます。
今年の雪は多かったですし、うちの木も折れたので……。

折れたとしても、山を所有している人なら放置でしょうが、そうじゃない人は持ってくるしかない。
粗大ごみ処理券を買って待機じゃ、家の周りが片付かない。

なるほど、地方には直接搬入できる場所が必要だ。
そう思った次第。

一方で、農業関連の産業廃棄物の扱いが厄介です。
農業用のビニールとか、そこじゃ捨てられないんですよね。

専門業者に引き取り依頼するか、産廃処分場へ……って流れなんですけど、どうだろう?
捨てられないから、そのまま放置する人が増えて、畑の近くにゴミの山が形成されるんじゃないかと危惧しています。

その処理場で専門業者が回収業務をしてくれたら、ちょっと値が張っても……。

逆に、再利用できそうな金属などは、粗品でも貰えるとなれば、回収率も上がって、放置ごみも減るような気も。

ちなみに、予想外の持ち込みとしては、業者が持ってきた動物の死骸がありました。

car-me.jp


* * *

att3200.hatenablog.com

前に電気自動車用の充電器の設置場所について書きましたが、ド田舎でもコンビニの横にありますね。
あまり気にしていませんでしたが、いつの間にやら存在していました。

家から出る機会が減ると、移り変わりに気づかないことが多いです。

「さまよえるWHO―米中対立激化の裏側―」の感想

www.nhk.jp

フランスのドキュメンタリー番組の感想です。

端的に言えば、WHO物語。
世界的な健康を実現するべく発足し、絶頂期を迎え、停滞期に入り、今は混迷している……。
そんな歴史的な流れを見たような気がします。

ぼんやり見ているので、多分に抜け落ちた情報はあるかもしれませんが……。

* * *

発足から絶頂期として位置づけて良さそうなのは、天然痘の撲滅まで。
大国間の思惑とかありましたが、このころがピーク。

その後、エイズ辺りから問題点が目につくようになり、エボラ出血熱では長いことスルー……。

結局のところ、お金の問題。
番組曰はく、予算はフランスの都市病院より少ない。

少ないもんだから、巨額の寄付を行う大国が影響力をもつ。
国際協調路線であれば、アメリカも「どうぞ、どうぞ」と出してくれる。

ところが、レーガン辺りで「寄付しない」ことが交渉カードとなり、微妙な組織へとなっていく……。
でもって、お金は紐付きで渡せるので、「ポリオに使ってください」と言われて渡されたものは、ポリオ以外には使えない。

寄付上位にいる「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」がポリオといえば、他に使いたくてもポリオが優先。

www.endpolio.org

まぁ、その寄付でポリオを撲滅できれば、功績としてアピールもできるので、そういうのがしやすいところに目が行くのも無理はない。
というか、寄付すらしてないのに、人に使い方に文句は言えないでしょう。

そんな状態で巻き起こったのがSARS
そのときの事務局長ブルントラント氏にアレコレ言われた中国は、面白くなかったに違いない。
だから、自分らの息のかかった自分をトップにしようと動き始めるわけです。

2007年からは、香港のマーガレット・チャン。
そして、2017年からは医師免許を持っていないテドロス・アダノム。

インフラ整備で支援しているアフリカ諸国を味方につけ、彼らの票で国際機関で地位固め。
中国が着々と国際機関のトップに中国系を押しやっている頃、アメリカは自国ファースト主義で、国際社会からは距離を置く……。

これはWHOの問題なのか、世界のありようの問題なのか。

といった内容。

* * *

ちなみに、テドロス氏はムガペをWHOの親善大使にしようとしたり、エチオピアで発生したコレラを下痢と言って認めなかったり……。

www.bbc.com

www.telegraph.co.uk

なんというか、最初から問題ありありの人だったわけですよ。
とはいえ、病院の数を増やしたとか、そういう功績もあるらしい。

* * *

お金がかかる割にリターンが見込めないから、国際協調を辞めたら別の問題が発生。
これって、保険をやめたら、病気になったみたいな、そういう感じがしてくる。

感想としては、そんなところ。
でもって、票を集めやすそうな国々を札束で懐柔し、国際社会で幅を利かせていく……。
これが現代の拡大戦略なんだろうなと。

日本はODAとかしてるけど、相手からすれば「返さなくていい金が来た」くらいなんだろうな。


う~ん、頭がボーッとして、言葉が出づらい。
最近は、少し外に出ただけでも鼻水がひどいし、目もかゆくて堪らない。

今年は合同開催じゃない Yahoo!ショッピング・PayPayモールの賞

楽天市場Yahoo!ショッピングには、ショップ単位で表彰する賞があります。
週間単位の賞、月間単位の賞、そして年間単位の賞。

楽天市場なら、ショップ オブ ザ イヤー。
Yahoo!ショッピングなら、年間ベストストア。あるいは、BestStoreAwardsの表記。

で、そのYahoo!ショッピングですが、2019年末からPayPayモールへと移転するショップが続出。
有力店は、PayPayモールへ……。
そんな流れの中、2019年度の賞はYahoo!ショッピングとPayPayモールの合同開催でした。
賞としては、Yahoo!ショッピングの賞。

それが、2020年度からは別々になったのです。

とはいえ……。
なんか、やる気がなさそうな感じ。

Yahoo!ショッピングのジャンル賞は数がグッと減り、下記のような統廃合の連発。

「ダイエット部門」+「ヘルスケア部門」=「ダイエット、健康部門」

上のなら、まだマシ。
「手芸、コレクション部門」なんか、「楽器部門」と統合させられて、どこに接点があるのかと……。

まぁ、賞としての需要が不明の「照明器具部門」あたりは、整理してよかったのかも。
だってほら、「〇〇賞を受賞」ってのを見て買うにしても、照明の賞を取ったことを理由に買う?
設置する場所に合っていて、手を出せる価格帯で、形状が好ましいものを「検索」して見つけるパターンが多そうだもの。購入判断に「受賞」が絡むとは考えづらい。

* * *

一方、PayPayモールの賞もやる気なさげ。
ジャンル構成は、統廃合されたYahoo!ショッピングの賞と ほぼ同じ。
違うのは、食品関係や酒類くらい。

ページのつくりと言いますが、受賞店へのインタビューがなく、一頃の「賞で箔をつけるぞ」という気概がない。

それぞれの受賞ページは下記の通り。
1年で入れ替わるページなので、リンク先は魚拓です。


megalodon.jp

 

megalodon.jp


Yahoo!ショッピングの受賞ページの注目ポイントはソースです。

ソースが不気味。
魚拓では違いますが、下記リンク先のそれは、6370行まで空白。
微妙に長さの違うスペースが開けられていて……。

topics.shopping.yahoo.co.jp

受賞コメントは、公開当初は無かったんですよね。
その辺に、やる気のなさを……。
いや、感染症の絡みでコメントを取りづらかったのかも?

PayPayモールの受賞ページに至っては、受賞コメントすら無いですからね。
ストア紹介も短く、売れ筋の商品紹介は3つ。簡素です。

paypaymall.yahoo.co.jp


もうネットのショッピングモールに、興味を失っちゃったんでしょうかね。

「Y」の後に来る「Z」な「Zホールディングス」さんは。


* * *

そういや、前に下のような記事を書いて、モールの賞に言及してたなぁ。
じゃ、新たな賞のことをメモしておくか……。
そのくらいの気持ちで、これを書きました。

att3200.hatenablog.com

* * *

あと、下記の記事を書いた際、ポイントサイトの存在に触れなかったことを思い出しました。
ほら、ポイントサイト経由で買う場合、1%くらいポイントで戻ってきて、次の購入で使えるじゃないですか。
それなら、ポイントサイトの対象サービスの有無も、「安さ」の判断材料になるのかなと……。

att3200.hatenablog.com


ハピタスだと、貯めたポイントは「1P=1円」で現金や電子マネー、ギフト券に交換できます。
このサイトでは、楽天は対象サービスですが、Amazonは違うので、利用者にとっては楽天のほうがプラスαがある。

hapitas.jp

楽天は、商品購入で 1%ポイントバック。
Yahoo!ショッピングも、商品購入で1%。さらに、宝くじ交換券1枚。
PayPayモールは、商品購入で 1%ポイントバック。

ここに関しては、変わらないね。

「黒人中国夢 -ブラック・チャイナ・ドリーム-」の感想

www.nhk.jp

BSのドキュメンタリー番組の感想です。

平たく言えば、中国広州にある黒人街リトル・アフリカにおけるコロナ禍の差別問題。
それを扱った番組。

・ウイルス扱いされるようになった。
・大家に追い出され、ホームレスになった。
・差別は前からあって、その象徴的なのが洗濯機に黒人を入れるCM。

news.livedoor.com

 

そういう状況の中で、幾人かにスポットが当たるわけです。
密着取材的に。

一人はアパレルのバイヤー。
もう一人は、プロのサッカー選手を目指す学生。
そして、競馬の騎手だったタテンダ。
他にも出てきますが、覚えているのは3人。

この番組の感想を書く気になったのは、タテンダ氏の存在が大きい。
まず、彼は中国人との結婚を夢見ています。
中国人の女性と再婚すれば、子どもは中国語を覚えられるから……。

そう、彼には娘がいる。
故郷で結婚した後に生まれた子。前の妻とは、離婚だったかな?
ちょっと、その辺は覚えていない。

その娘をアフリカに残し、調教師として中国に来ていたような……。
年収は、同じ地域に暮らす中国人の4倍くらいあったはず。たぶん。
だから、金銭面での不安はない。

で、その彼とよく行動を共にする中国人の女性がいるんだけど、彼女は翻訳アプリを使わないと意思疎通ができない。
タテンダは英語で話し、中国人の彼女は中国語(北京語)を話す。
二人とも、他の言語を覚える気はなさそう……。

結婚したいなら、言語を学んだほうが……。
見ている側としては、そう思ってしまう。
ピアノを習っているタテンダを見ていると。

ちなみに、彼がピアノを習っている理由は、娘が習っているから。
えぇ~……。

そんな翻訳アプリ頼りの彼なのに、彼女と結婚する気満々。
実際、中国人の女性と結婚したいと、彼女にも話していた模様。

しかし、番組スタッフが彼女に訊いたところ、「結婚するなら、中国人がいい」とのこと。
タテンダは結婚相手として眼中になく、おごってくれるオジサン扱い。
そのうえ、一緒にいるところも見られたくないと、散々な言われよう……。

なんか、差別がどうの以前に、よく見る貢ぐだけのオッサンに思えて、何とも言えない気持ちになりました。
こう書くのも何ですが、気の毒ですね。色々と……。

あと、中国にも競馬ってあるんですね。

* * *

アパレルのバイヤーは、中国で衣類を仕入れて、アフリカにいる兄弟に送って稼ぐ感じ。

商品の写真を撮るために、床に服を広げるのは、思わず「汚っ」と……。
この辺の感覚は、日本人特有なんでしょうか。それとも?

並行輸入品の外箱の話になりますが、海外と日本で差があるんですよね。
向こうでは、どんなに箱が汚れていても気にしない。
日本は、箱も商品のうちという感覚。

そういう違い的に、「洗えば同じでしょ」なのかな?

* * *

プロのサッカー選手を目指す学生は、道ですれ違う人にも声をかけるような人。
中国語を勉強しているあたりは、翻訳アプリのタテンダ氏とは違う。

そんな彼を取り巻く環境も、コロナで一変する。
差別の対象となり、地下鉄で彼が座れば、隣にいた人は避けていくように……。

逆に、サッカーを通じて知り合った人たちは、今まで通り。
だから、プロを目指す。

とはいえ、中国にも外国人枠ってやつがある。
そりゃ、そうだろうな。

いわゆる助っ人枠なので、1チーム2人。
マチュアの彼を入れるプロはいない。
欲しいのは、海外で活躍しているプロだもの。

そういうのって、調べればわかりそうな……とか思うんだけど、彼は電話で問い合わせていました。
当たって砕けろ精神も時には大事だけど、番組に出た人はリサーチ不足のまま、中国に夢を見ている気がしないでもない。
キツめの言い方をすれば、そういう印象を持ちました。

* * *

「黒人中国夢 -ブラック・チャイナ・ドリーム-」というタイトルから、アメリカンドリーム的なそれを中国に期待して……。

一攫千金。
成り上がり。

かつては、そんな夢を見て、自分の人生を掛け金に、博打を打っていたんでしょうけど、今は下調べの段階でレートがある程度わかる。
降りたほうがいい勝負をする必要はない。

……みたいな感想を少し抱きました。

同時に、広州の街並みが日本の首都圏のようで、少し驚き。
深センほどじゃないにせよ、なかなかどうして……。

前に見た「中国 汚染された町で」の街並みに比べると、雲泥の差。

www.nhk.jp

上の番組では、環境汚染によるスモッグが酷くて、病気になる人が続出。
自治体単位で対策に順位付けして、競わせるように改善を目指すという内容。

そこで出てくる環境そっちのけで金を稼ぎたい塗装業者とか、石炭ボイラーを没収されても、また同じのを用意するオバチャンとか、出てきていたはず。

彼らが住む街こそ、中国としてイメージする典型的な何かがあるんですよね。
情報が古いってだけかもしれないけど。

それはそれとして、あの国の環境対策は、PM2.5の深刻さ所以。
日本が「環境への配慮」を謳うのと、切迫感が違うでしょう。

* * *

話を戻し、黒人中国夢。

移住したのは黒人男性ばかり。女性はいない。
その辺に、アジアのアメリカにはならないポイントが、あるような気がしました。

一人っ子政策で男が多いのに、さらに男ばかり増やして……。

* * *

【メモ】

www.nhk.jp

老人大介護 「中国14億人の老後」

「マネーモンスター」の感想

映画「マネーモンスター(吹替版)」の感想です。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01LZUN8M4/

タイトルは、作品中に出てくる財テク番組の名前。

その番組の生放送中に銃を持った侵入者が……と書き出せば、その後の展開は想像できそうなもの。

「この番組を信じて株を買ったのに、大損こいやよバカヤロー」

ってな具合に、司会者に銃を突きつける青年。

当然、警官が出てきて突入を考えたり、青年の情報を調べたり、関係者を連れてきたりと、とってもスリリングな財テク番組に様変わり。

 

https://www.amazon.co.jp/dp/B07NRSTS1S/

個人的には「機動警察パトレイバー NEW OVA 第6話 視聴率90%」を思い出すんですけど、割と多そうですよね、こういう展開。

* * *

ただ番組を乗っ取りたいなら、財テク番組を標的にする意味がない。

犯人には、暴落の原因が知りたいという目的もあるわけです。
しかし、その問いに対し、暴落した会社の説明は「バグ」だけ。
そのうえ、会社のトップは海外出張で行方知れず。

後半、その問題のトップは戻ってくるも、行先はスイスと言いながら、実際には南アフリカ……。
バグと言いながら、その実……とまぁ、そういう感じの話です。

株がどうのとかではなく、「このあと、どうなるの?」とハラハラしたい人向け。
そう思えました。

* * *

個人的には、お金ないのに個別株に6万ドルも突っ込むな。
せめて、S&P500連動ETFにしておけよ。
そんな風に思えてなりませんでした。

人にはね、リスク許容度ってあると思うんですよ。
カツカツの生活の人が、そんなリスクを背負ったらダメ。
てか、もっとファンダメンタルを気にしたら? そんな番組見るくらいなら。

あとね、南アの鉱山のストライキで、そこまで暴落するのかなぁ……とか。
その南アにある「ハーモニー・ゴールド・マイニング(HMY)」みたいなところなら、採掘・探査、抽出、加工をしてるから、もっと複雑な感じになるんじゃ……。

それはそれとして、著名な投資家に「買いですか?」「売りですか?」「ホールドですか?」を訊く人たちって、自分で判断していないくせに、少しでも期待した方向に株価が動かないと、ブーブー文句ばかり。
大事なのは「買いの理由」「売りの理由」「ホールドの理由」だと思うんだけど、その辺は聴いていないっぽい。
判断力を養わなけりゃ、いつまでも進歩しないと思うんだけど……。

「魚が欲しい」
⇒魚の釣り方を教わる
⇒釣った魚をもらう

上の二択なら、今後も生き残れそうなのは、どっちか考えれば、進歩を選ぶべきだなと。

テクニカルで食っていく気ならそれでいいけど、だとしたら人に訊いていないで、チャートとにらめっこすべき。

ってなことをぼんやり考えなら、CNBCの投資情報番組『Mad Money』をやってるジム・クレイマーあたりとか、こういう目に遭ったら どうすんのかなぁ~と少しだけ思ったり。

そんな感想を抱きました。