メモ書き

****

旧メディアに代わる存在、その名は「OSINT」

OSINTは 「Open Source Intelligence:オープンソースインテリジェンス」の略であり、一般に公開されている情報源からアクセス可能なデータを収集、分析、決定する諜報活動の一種である。米国国防総省DoD)によって、「特定の情報要件に対処する目的で、一般に入手可能な情報を収集し、利用し、適切な対象者に適時に普及させた情報」と定義されている。

www.nec-solutioninnovators.co.jp

引用元にある「合法的に入手できる資料」を「調べて突き合わせる」手法という一文を見れば、話題のアレを彷彿とさせる人もいるでしょう。
不正な何かを見つけるとか、不当な何かを見つけるとか、市民の権利を行使するとか、そういうの。

この入手できる資料には、いわゆるオールドメディアのそれも入るわけですが、いずれは それに取って代わる可能性を示唆してみようかなと、そんなメモです。

* * *

シンプルに考えてみて、ある食品の製造ラインに詳しいのは、その製造ラインに立つ人ですよね?
そこの状況を誰よりも伝えられる人って、ラインの人なわけです。
その人が、口下手じゃなければ……。

仮に口下手だとしても、違った意図で伝えられるよりマシ。

今は、自分で映像を発信できる時代。

なのに、どこかの誰かの飯のタネの為に、貴重な時間を浪費するのは馬鹿らしい。
だって、どう使われるかも不明なうえに、使わない可能性もあるなんてのは、リスキーなだけだもの。

こうして、ある食品の製造ラインを取り上げようと思ったら、ネット上にアップされている動画を探し、オールドメディアが引用するようになる……。
事故現場の「視聴者による撮影」な写真のように。

その方が、撮影スタッフとか要らないしね。安上がり。

そのうち、「記者クラブ」という名の動画チャンネル名が出てきて、そこの切り抜きをするようになったり……。それだと、クラブ外のメディアに対する優位性(既得権益)が失わるか。
各省庁のサイトに「記事用資料pdf」が用意されて、それをコピペするだけになったり……。

そんなこんなで、まとめサイト化していく。
勿論、まとめサイト的なアフィリエイト広告付きで。

まぁ、今でも新聞社は広告バナーを出してるけども。

* * *

そう予測したところで、最大のネックになるのは資金源。

OSINT的活動をするにしても、一般的な個人なら収入源を確保しないといけない。
活動中に得た情報の有料販売、あるいは寄附を募るか……。
はたまた、情報の公表権を誰かに売るか……。

そういうことを考えると、ごく普通の会社員には難しい活動でしょう。

いや、だからこそ、就職の余剰人材となった文系大卒あたりが、政治系OSINTとか、税金系OSINTとか、商業系OSINTとか……。
専門の追及分野を持ち、ファンを獲得して動いていった末に、オールドメディアが「有力な商業系OSINTの調査によると……」という前置きでニュースを語る時代になる。
……かもしれない。

それだと、取材費用がかからないから、不動産屋と化したメディアにも利点はある。
「もう、東大卒が応募してこない」とか言って、優秀な若手人材の不足に嘆いているそうだけど。

www.j-cast.com

取り合えず、政治系OSINTを目指すとしたら、資金の流れを片っ端から調べて、引っ掛かった政治家を忖度なく公表。
これは……。

これは、合わせてボディガード需要が高まりそうですね。

 

 

それは、トランスフォーマーじゃない。

 

www6.nhk.or.jp

日本共産党の新しい党首候補は、誰なのか?

党首公選制の導入なんてニュースが数日前に流れていたので、ふ~んと思いながらチェックしただけのメモ。
党首が代わるとなったら、誰なんだろうね? そんなノリ。

* * *

まずは、大元。

共産党が、記者会見で党首公選制導入などを訴えた現役党員の松竹伸幸氏に猛反発している。

www.sankei.com

言い出しっぺは、松竹伸幸氏と。
自分で立候補するようなので、代わりたいわけだ。
自衛隊を容認したあたりで、中心勢力と袂を分かった感じなのかな。この人は。

約半世紀にわたり、共産党員として活動し、
政策委員会で安保外交部長を務めたこともある著者が、
なぜ、党員による投票が可能な党首公選制を訴え、自ら立候補を宣言するのか?

books.bunshun.jp

帯の推薦文を書いているだけあって、この著者のTwitterアカウントで最初に来るフォロー相手は内田樹

そういや、数日前に政治家のフォロー状況を調べたんだった。
ついでに、あのノリで新しい党首候補を探っていこう。

att3200.hatenablog.com

* * *

なんと、共産党の国会議員は、全員 Twitterアカウントがあります。
そこまで人数もいないし、公式サイトが“見やすい”ので、一人ずつフォロー上位者(最初に来るフォロー相手)を確認します。

www.jcp.or.jp

以下は、フォロー上位者別のリスト。
「☆」がフォロー上位者の名前です。


志位和夫
宮本徹
小池 晃
山添 拓

☆宮本徹
あかみね政賢
笠井あきら
穀田恵二
塩川鉄也
高橋千鶴
もとむら伸子
井上哲士
仁比聡平

* * *

☆山添 拓
田村智子

☆田村智子
吉良よし子
山下芳生

山下芳生
紙 智子

* * *

大門実紀史
田村貴昭
いわぶち友
倉林明子

☆たつみコータロー
宮本たけし

☆谷川智行
伊藤岳


* * *

以下は、組織アカウント。


☆小池 晃
しんぶん赤旗

志位和夫
日本共産党(公式)

* * *

数だけ見れば、宮本徹氏ですね。
幾つか区分けしたのは、グループっぽく感じたから。

Aをフォローしているのは、BとC。
そのBをDがフォロー……という風に見ていくと、DもAグループ的な?

ただ、そう見ると最終的に委員長になるという。
でも、委員長自体が上位に来ない人が多いので、指揮官と部隊長みたいな指揮系統になっていて、各隊員は部隊長しか注視していない感じに見えなくもない。

なので、委員長が上位表示される三人が最有力候補かなと。

まぁ、それだけのメモ。

youtube.com

居眠り議員を批判できるのは、参加してないから?

youtu.be

いやね、国会中継とか見ると、退屈で眠くなるって話。

学生時代で言うなら、校長先生の長話。
あれを寒い体育館ではなく、適温の室内で座って聞いたら、寝そうなもの……。

それでも、あれで高給を貰っているならって?
理屈は、わかる。

一方で、自分が参加したら寝そうだなと思って、ちょっとメモした次第。
起きて話を聞いていたら どうにかなるわけでもなく、用意された質問書と答弁を読み上げるだけなら、なおさら……。

それよりだったら、自分の政治生命に関わる地元での票集めを考えそうなもの。

票集めで勝った人があの場にいるわけで、問われた能力は票集めでしかない。
票集め能力が政治力に直結してればいいけど、そうじゃないなら採用手法として選挙は微妙だよね……みたいな話は、前に書いたか。


* * *

居眠り議員の批判は、しやすいし、わかりやすいんでしょうね。
失言並みに。

政策に関するあれこれを話しても、理解できない人は少なくない。
でも、政治家の喋り方、見た目、起きているかどうかは、誰でも判断できるし、口出しも可能。

だから、失言は命取りになりやすいし、メディアも繰り返し流す……というのも、前に書いたか。

att3200.hatenablog.com

* * *

人はそれぞれ、得意な判断分野がある。

食事の仕方から生まれを推測したり、見た目から性格を想像したり、歩き方から行動を分析したり、書いた文章から知能を推し量ったり……。

そういった諸々の分析能力に縁が無い人は、起きているかどうかとか、他者の意見とか、場の空気感みたいなもので、「こうだ」と判断するしかない。

そう考えると、前に書いたSNSのアイコンで人を判断する人は、文章での分析能力に欠けているから、画像からの情報に過度に頼っているのかもと思った次第。
そのくらいのメモ。

まぁ、文章を読めてない人は多いらしいけど。

att3200.hatenablog.com

「弱者」という名の盾

「弱者救済法」を立案しました、反対する奴は差別主義者です。
「平和大切法」を立案しました、反対する奴は好戦論者です。
「難民救済法」を立案しました、反対する奴は人でなしです。

……という使い方をする盾。
基本、反対する人をレッテル張りするための罵倒用語とセット。
これで反対しにくい空気にして通すけど、その法律の中身は自分たちを利するもの。

結局のところ、名前だけ“安全”みたいな感じ。

www.bbc.com

身近な例だと、「子ども」が盾として使われている。

「子どもが困っているんです」
「子どもの為なんです」

そう言って、子どもに関する厄介事を押し付けられる……。
身内に。

子どもをダシに金と時間を使わされるが、見返りなんてものはなく、社会的責任とやらで済まされる。
じゃ、その社会的責任とやらを押し付けるのは、どうよ?

それを避けたくて避けた人に強いるのは、何らかの責任や権利に触れないのか……。

* * *

といったことを考えたところで、どうにもならないのが人の世。

ただまぁ、パッケージの名前だけを見て中身を判断し、イメージだけで物事を判断してそうなケースって、少なくないよね。

例えばそう、「化学調味料」と聞いて、化学の実験で生み出すようなイメージを持つとか……。

食品安全のエキスパートによれば、現在「化学調味料」は存在しないという。さらに「化学調味料」という言葉が誕生した背景には衝撃の事実が隠されていることを突き止めた!

www.nhk.jp

企業の宣伝をしないから、商品名を言わないNHKルールの元、当時の“化学”イメージから名付けただけ。
そのまま「味の素」って言ってよ、もう。
何が商品の宣伝をしないだよ、ヤクルト連呼してるでしょうが。野球中継で!

「化学調味料」は放送禁止用語? TBS生放送で訂正「うま味調味料でした」...言い換えの理由とは: J-CAST ニュース【全文表示】

* * *

こういう盾が生まれる背景にあるのは、金の稼ぎ方の知らなさ。

人工的に障碍者を生み出し、路上で物乞いをさせるアレ。

gendai.media

余計な知識だけがあると、別の方法を生み出してしまう。
それが、困窮する人向けの救済策を悪用した不正受給。

www3.nhk.or.jp

さらに段階を踏むと、そういう困窮者を集めたビジネスを展開する。

diamond.jp

でもって、もっと欲しいから救済策を作る側にまわる……。

新しいルールを作るには、世論の後押しが必要だから、声のデカい人を集めて、発信力のあるメディアに寄りそう。
メディアは見返りを要求し、それを受け入れれば、依存する関係性が出来上がる。
利益共同体になれば、不都合な情報は流さないし、都合の良い切り取り方をする。
結論ありきの取材なんて、朝飯前。

流れとしては、こんなのが想像できるかも。

* * *

一見すると賢そうだけど、社会的責任という視点で見ると、ちっとも。
この収益の源って、誰かが稼いで納めた金に他ならないもの。それが……まぁ、いいや。

なんで、こういう方向性に頭を使うのかと言えば、学んできた道では稼げないから。

嫌な言い方をすれば、
「大学で哲学を学びました」「で、どんな哲学ビジネスを?」
と訊く感じ。哲学専攻の人、ごめんね。

「歴史を学びました」「それが当社の業務に役立ちますか?」
でもいい。実際にそう言われた考古学の講師がいました。

そんなこんなで、「社会生活で使うスキル以外」を学ぶのに時間を費やした分だけ、稼ぐ力を失うのだとしたら、生きにくいこと この上ないだろう。
その生きにくさを誰かのせいにし、社会のせいにし、政府のせいにし……。

「自分だけ、どうして こんなにうまくいかないんだ。誰か、何とかするべきだ」

と思っているところに、働かなくても金が貰える何かがあれば、そこにしがみついてしゃぶりつくすでしょう。
そういう意味では、金の稼ぎ方の種類を知ることこそが、究極の学問ではないかと思った次第。

ぶっちゃけ、飯のタネにならんものを学ぶ時点で、生きるセンスが劣っているのかもしれないけど。

 

 

手厚い弱者保護の行く末。

A「弱者の方が得だよね。私、今日から弱者になる」
B「私の方がスーパー弱者なのに、普通の弱者と同じ額しか給付されないの、おかしくね?」
C「いいな、弱者は……。私、もう普通の人をやめようかな」

そして、誰も働かなくなって、不幸比べが始まった。

 

att3200.hatenablog.com

政治家は、誰をフォローしているのか?

Twitterのアカウントから、関係性を探ってみたメモです。
特段、驚くような情報は無いですが、傾向のようなものは見えたかも。

* * *

チェックしたのは「フォロー中」のリンクをクリックし、上位に表示されたアカウントのみ。
この表示順になっている理由は知りませんが、自分のアカウントの状態に関係なく、この順位だと思われます。一応、複数のアカウントで確認しましたが。


では、まずは歴代の総理大臣から。
第93代から第100代まで。それ以前は、参考になりません。理由は後述。

全体的に言えるのは、同じ党の議員をフォローしている点。
その中でも、重役に就いている人や仲が良いと思われる人が入っていました。菅前首相以外は……。
海外の政治家ばかりフォローしているのは、たぶん珍しい。

あと、鳩山氏が「日刊ゲンダイ」をフォローしていますが、タブロイド紙が上位表示された総理大臣経験者は彼だけ。

第92代の麻生氏は、事務所のアカウントでフォローが2つ。
福田康夫氏は見つからず。
小泉純一郎氏は、細川護熙氏だけをフォロー。
森喜朗氏は、なりすまし系アカウントが複数ありました。故人である小渕恵三氏や橋本龍太郎氏も同様。
どうも、アカウントを作っていない首相がいると、悪ふざけで使われる傾向がありますね。
余談ですが、もうじき100歳の村山富市氏も、botっぽいのがあったような……。

Twitterのリリースは2006年なので、時期的に福田氏より前は、アカウントが無くて普通でしょうね。
登場時は、公的機関や政治家が使うとは、思いもしませんでしたが……。

続いて、各党の党首。

こちらも基本的には、同じ党の議員をフォローしています。
志位委員長と玉木代表を除いては。

志位委員長は誰もフォローしていませんが、他の議員からはフォローされています。

玉木代表は、自民党の議員をはじめ、他の党の議員をフォロー。国民民主は?

「れいわ」と「社民」は、ほぼ同じ。
その両者にフォローされている小沢一郎氏も、似たような具合。

フォロー状態が「小沢一郎」「山添拓」「望月衣塑子」の3点セットみたいになっているので、その周りをチェックすると「異邦人」というアカウントが目に留まりました。

「異邦人」のプロフィールにあるリンクの先を見たら、はてなブログでした。

「www.samizdat1917.com(サミズダート)」というブログで、素朴な一市民の政治経済雑感らしい。
タイトルは、ロシア語で自主出版を意味する単語から。

* * *

以上、終わり。

テレビ製造メーカーは、音響周りが苦手なのか?

テレビ鑑賞がもっと楽しくなる。音声が手元で聞けるコンパクトスピーカー。

www.audio-technica.co.jp

テレビの音がよく聞こえなくて、音量を高くして家族に嫌がられる老人は、少なくないでしょう。
というか、身内にいるから書いてるし、そういう用途の商品が出るくらい、需要があるわけだけども……。

で、思うわけです。

テレビのスピーカーから出る音で事足りていれば、こんな付属品を買うこともないのにね、と。
こんな状態に陥っているのは、テレビ製造メーカーが音響回りのセンスがないせい?

まぁ、高いテレビを買えば、話は違うのかもしれないけどね。
あと、テレビの用途としては、音を周囲に響かせる感じで、特定の方向に向けていないのかも。

panasonic.jp

www.toa.co.jp

ただ、それを加味しても、テレビの音の出し方って微妙。

それが顕著なのが、隣の部屋から聞こえるテレビの音。
特定の音というか、振動だけが伝わってきて不快になります。

昔 住んでいた安普請のアパートで、低い音だけが下の階から上がってきましたが、ああいう迷惑な振動を生み出すのは、音響を扱う会社としては どうなんだと思うところも。

いっそ、スピーカーは別売りとして、最初から外して……。
組み立てパソコンのように、パーツ売りは無理でしょうね。NHKの契約がある上に、B-CASなんてものが生まれる国だし。

www.itmedia.co.jp

ちなみに、最初に紹介したコンパクトスピーカーを使うと、隣の部屋から不快な振動が来なくなりました。
なんかね、壁に振動が伝わらなくなった感じ?

とはいえ、このコンパクトスピーカーにも微妙な点があります。
正面についている端子にイヤホンを繋げて使っていると、特定の音だけ聞き取りづらいらしい。私は使用者じゃないんで わからないけど、アナウンサーの声が聞き取りづらいけど、背後で流れている音は聞こえるとか……。

何だろう?
イヤホンの極数とか、関係あるんだろうか。

https://techblog.recochoku.jp/wp-content/uploads/2018/01/plug.jpg

techblog.recochoku.jp

 

ロシア人にメールを送れるサイト「mail2ru.org」

Pop the Kremlin Propaganda Bubble

www.mail2ru.org

タイトル通り、自分のメールアカウントから、ロシア人にメールを送れるサイト。
目的は、戦争のことを伝えること。

どんな人に届くのかは不明。

たぶん、ツイッターアカウントは次。
フォロワーは300人台。

 

twitter.com


このサイトを知ったのは、次の番組で紹介されていたから。

混迷の世紀 「第6回 “情報戦”ロシアVS.ウクライナ 知られざる攻防」

www.nhk.jp

番組内に出てきたサイト画像の文字を検索し、行きついたから こうして書いているけど、そこまでする人は少ないかもね。
サイトの画面を見ただけじゃ、たどり着けないというか……。

そういう意味で、データ放送でアドレスを出すとか、番組のサイトにリンクを貼るとかした方が……と思ったけど、番組の主題が「情報戦」だけに、あくまで客観的に互いの情報戦を見るだけなら、それでいいんでしょう。

「参加」を促さないスタンスとして。

……と、そんなことを思ったというメモ。