メモ書き

****

ロクな政治家がいないって言うけれど|もう選挙やめようよ

「ロクな政治家がいない」と言う人の中には、彼らが何をしているのか、注視していない人もいる。

よく見ているという人でも、発言だけで政治家としての資質を判断していることも。

自分が理解できる範囲で判断するなら、「失言」というのは明確なポイントかもしれない。
映像の切り取りによって、ミスリードするよう加工された「失言」でなければ。

そもそも、発言だけで人の資質は、どこまでわかるのだろうか?

「いい人」が、必ずしも「いい政治」を行うわけでもあるまいに。

例えば、「みんな、平等に」と思う「いい人」がいたとして、その人が実施したのが極論的な「同一賃金」だったとする。
頑張った人も、そうでない人も、能力のある人も、そうでない人も同一賃金。
きっと、やる気が出なくなり、誰も作業しなくなるだろう。

「報酬には文句を言わず、自分がやれることを精一杯」なんて規範だけで、労働を成り立たせるには、強力なマインドコントロールが必要……。

じゃあ、「悪い人」が「いい政治」を行うのだろうか。
そういう話になったときに思い出すのは、海賊船の中が会社のようだったという昔話。

ギャングにも規律があり、統制がとれていなければ、利益を上げるための悪さもできない。そんなことも思い出す。

だから、「悪い人」を推すというのではない。あくまで、資質の話。
詐欺師は悪い奴だが、賢さがいるというのに似ている。

組織を束ね、機能させるのは、人徳なのか、恐怖なのか、利益なのか……。
小規模の組織なら、トップの人徳で人は動くかもしれないが、トップと接する機会もない組織では、インセンティブが人を動かすのではないか。
であれば、求めるべき資質は何か?

ついでに言えば、防犯対策のために元泥棒の意見を仰ぐこともあるので、かつての「悪さ」をどこまで引きずるのかも問題。

そういう意味で、政治家の資質は測りづらい。
これは、私の見識の無さによるものかもしれない。知らないから、推定できないということ。

自分は違うという人には是非、ダニング=クルーガー効果を調べてほしい。

と、ここまで書いて思ったが、見識を深めたところで、選挙における一票の重みは、知恵者もバカも一緒。
どんなに調べ、どんに熟慮し、一票を投じても、その効果は何も考えてない一票と変わらない。
そう、自分の利益になる方に投じた一票と変わらないのだ。

では、政治に関するテストをして、その点数に見合った票を入れるのはどうか。賢さが票数に繋がるのだ。
きっと、呆れるくらいの金額がテストに費やされ、新たな天下り先が増えることだろう。

それよりなら、多くの税金を納めている人ほど票数が増える方が、わかりやすいかもしれない。現役世代が有利になるかもしれないし……。
まぁ、業界格差が広がるだろうし、金持ち優遇は否めない。

入れる人がいる前提で書いてきたが、いない人はどうする?
カウントされない白票を投じ、人の手間を増やすために選挙に行くべきか?
そんな人のために、マイナス一票を用意すべきか……。

こんなことを考えても、もう仕方のないレベルになった気もする。

無投票当選を目にすれば、そんな考えにもなる。

立候補者が少なければ、票を争うこともない。

そりゃ、変な党から出馬したところで、負けは目に見えているのだから、誰も無駄なことはしなくなる。一強になったら、選挙にはならない。

かといって、それを防ぐために変な党に入れ、万が一にでも力を持たれたら、それこそ馬鹿げている。資質もクソもない。

この状態を目にして思ったのは、政治家に対する根本的なイメージの問題。

「政治家なる人って、どんな人?」

そう訊かれて、親も政治家のXX、胡散臭い人、変わった人、有名人、宗教のXX。
そんな答えが出ているのだとしたら、庶民が思う「まともな人」の割合は、いかほどのものだろう。

立派な人が目指すべき職業でない限り、優秀な人が出てきにくい状態にあるのではないか。

そんなことを考えると、別の選び方を考えるときではないかと思てくる。
選挙は民主主義のスタンダードみたいな話は、もういい。

これからは、新たな選出方法として……と、具体案を書けたらいいが、それも思いつかない。

取り敢えず、もう地方に選挙は要らない。
人口減少が著しい地域で、優秀な地方議員が出ると思えないという意味で

地方の行政に詳しい人を議会にというなら、いっそ役所のステップアップ・コースにでもすればいい。

名前の連呼と、出身地への愛。
それしかアピール方法がない人に、「あの人の地元、ここだから」と投票する。
そんなオラが村の代表選びは、虚しい。

それよりなら、長年にわたって地元の行政に携わってきた人が、その地位に就いた方がという気持ちがある。

誰が負担しているのか、わからないままでいいのか?

例えば、病院に行って支払いを済ませたら、「払った」気になるだろう。

1割負担だったとしても、気分的には「全額払った気分」という意味で。

これって、あまりよくないんじゃないかという話。

1割負担なら、どこかで9割分を補填している。

それが、どこで補填しているのか、わかるようになった方がいいんじゃないか。

たばこのパッケージにある“警告表示”ではないが、お薬の袋にでも……。

まぁ、人によって加入してる健保が違うから、面倒が増えるだけかもだけど。

ただ、どういう仕組みというか、誰が大きな負担を強いられているのか知らないのは、何かプレゼントをもらったけど、送り主のことは気にしない。そんな失礼さがあるんじゃないか。

これは、医療費に限った話じゃない。
給与が、どういう経緯でまわってきた お金なのか知り、感謝することが云々というのであれば、制度的に支給されるものも同じじゃないか。

どこから来た お金なのかを知ることもなく、「俺は、この金を手にする権利がある」では、社会的に害のある人物になり果てるのではないだろうか。

ブスが美人と一緒にいる理由

「ブスとか、美人とか、人を容姿で判断するのは云々……」

と言いたい人もいるでしょうが、容姿に優劣があるのは事実なので、劣る側をブスと呼称し、恵まれている側を美人とします。

タイトルの結論を先に言えば、ブスが美人と一緒にいる理由は、美人に寄ってきた男を食うためでした。

過去形なのは、学生時代の実体験を書いているからです。

ブスは、美人と一緒にいました。
接点が薄そうな二人を結び付けたのは、共通の趣味だったと記憶しています。

一方で、彼女たちと同じ趣味を持つグループは他にもいて、どちらかと言うと異性受けしないタイプが多かったです。
こちらのグループにも、ブスは顔を出しましたが、美人は接触しませんでした。

彼女たちの中で、最初に彼氏ができたのはブスです。
美人に惹かれて寄ってきた男たちに声をかけ、その中にいた気が弱そうなのをゲットしていました。
もしかしたら、私が知らないだけで、他の子が付き合っていた可能性もあるでしょう。
ただまぁ、そういう話が好きな知人によれば、ブスだったらしいのです。

でも、互いに惹かれあったのなら、いいじゃない?
それを、「美人に寄ってきた男を食うため」だなんて……

そんな声も聞こえてきそうですが、その男たちの中に美人を誘導したのはブスで、がめつさが半端なかったので、こんな風に書いています。
どのくらい半端なかったのかと言うと、思い出したくないくらい。なので、書きません。思い出したくないので……。

これと似たようなことは、イケメンと冴えない男にも見られました。
イケメンに、二人の女性が寄ってきたとします。

すると、冴えない男は自分が好みの方を「あの子、かわいいよね」と言います。
先に言ったもん勝ちです。
「好みだから、協力しろよ」というプレッシャーが、人が良いイケメンにかかりました。
イケメンも同じ子が好みだったのに、なんだか引いた感じに……。

こうして、冴えない男は好みの子と付き合いました。
イケメンが、好みの子を自分のもとに誘導してくれたことで。

なんで、こんなことを書いたのかと言いますと、「おとり効果」の話を読んだ際に、思い出してしまったからです。
たぶん、耳にしたことがある人も多いでしょう。以下の内容の話です。


エコノミストの広告》
・ウェブ版の購読 59USドル
・印刷版の購読 125USドル
・印刷版とウェブ版のセット購読 125USドル

という広告がありました。
見ればわかりますが、印刷版だけを選ぶ理由はありません。セットの方がお得だからです。
問題は、2番目の選択肢があることで起きる意思決定の違いになります。

この広告をマサチューセッツ工科大学 スローン経営大学院の院生100人に選ばせたところ、
・ウェブ版の購読 16人
・印刷版の購読 0人
・印刷版とウェブ版のセット購読 84人

という結果になりました。
次に、選択肢を減らして、

・ウェブ版の購読 59USドル
・印刷版とウェブ版のセット購読 125USドル

にしたところ、

・ウェブ版の購読 68人
・印刷版とウェブ版のセット購読 32人

という結果に。
誰も選ばなかった選択肢が消えたことで、セット購読者が減り、ウェブ版のみが増えたのです。
これは、他と比べて“お得”と感じる相対性が働いていると言われています。

松竹梅に分かれていると、竹を選びやすいとか、そういう話です。

これを見て、「ブスが美人と一緒にいる理由」を思い出してしまったのは、そこに合コンをするなら「自分に似ていて、少し容姿が劣る人」がいれば、相対性が働いて有利になるとあったから。

それでは、容姿に優れないものは、容姿に優れたものの引き立て役にしかなれない。
故に、自分よりも劣るのを探し求める戦略のみ。

ここで「いや、待てよ」と思ったのです。

容姿が劣るからと、自分より劣るメンツを揃えたら、寄ってくる獲物も減るんじゃないのかと。
あの異性受けしないグループを思い出し、あそこに美人が一人いれば、彼女たちの交際経験も変わったかもしれない。
目玉商品ひとつで、パッとしなかったショップが認知され、他の商品も売れていくように、ブスには美人を利用する戦術もあるだろう。

そんな風に思い、こんなことを書いたのです。

まぁ、異性受けしないグループに関して言えば、別に異性との付き合いなんて、望んでいる感じじゃなかったんだけどね。

昭和な異世界に転生した

「銀行に金を預けるだけで、増えていくぞ。バカでもできる投資法だ! ガッハッハ」

「土地が値上がりし続けるぞ! つまり、買ったら儲かる。ヒャッホー」

「就活で、企業に接待されるなんて!」

「5時から男だと?」

「これは紙に字を書くお仕事ですか? それとも、紙の資料を探す仕事ですか? 他の作業はしないんですか?」

「この電話、どうやって使うんだ! テレビもリモコンが無いぞ!?」

「あれ? 国民年金の月額が飲み代より安いぞ。40歳以上でも介護保険料を払わなくていいの? 70歳以上の医療費が無料? バカな!?」

「国が市町村に1億円を交付? 変なものを建てるなよ、維持費を考えてるのか? 黙って貯金しておけ。15年で6,000万くらい増えるかもしれないだろ」

シニアこそ、電子出版。それと無料通話

地方創生を現実にするアフィリエイター移住計画」と題した記事を書いていた時に、思ったことがある。

リタイアしてからの日々が食って寝て、テレビと新聞を見るだけの人こそ、電子出版すべきじゃないかと。

どんな人生を送ってきたにせよ、その人にしか知り得ない情報がある。
それが死によって消失する前に、公表できる範囲で残しておく。そこに、価値みたいなものはないか。そんな話。

あの時代に、この仕事で生きるとは、どういうことだったのか。
風俗史と言っていいのかは知らないが、参考になるとか、読みたい人もいるはず。

『知ってる? 電話交換手の業務』

とか。

『チェーンソーで、振動障害になった話』

とか。

『長年の経験でわかったシシタケが生える場所』

とか。

そういうのを書いたら、どうかなと思った。
売れるのかは知らないけど、資料価値として高そうなのができるかも。

問題は、パソコンの操作と思うかもしれない。

それに関しては、自宅を警備している人と接点を持たせることで、警備員がインタビューして録音&文字起こしで進行。
ちなみに、kindle本の出版なら、wordデータでも大丈夫なので、そんなにハードルは高くない。

利益は折半でどうだろう。
でもまぁ、月に1冊でも売れればいい方で、99円という価格設定だとアレだな。


やるとなると、インタビューする側とされる側が近くに住んでいない場合、通信費が高くなりそう……。

ということで、ネットを利用した無料通話が要る。
となると、インタビューされる側の環境が整っていないとキツい。
インタビューする側は、整ってる人が多そうなイメージ。

地元の公民館みたいな場所、いや役所にでも、無料通話ボックス的な何かがあればと思ったけど、それに税金を使われるのもなと思って、思考終了。

話し相手がほしい人には、良いアイデアかなと思ったけど、そういう人は「おしゃべりみーちゃん」でも相手にした方がいいのかも。

いや、でも、誰かと話したい人は多いはず。
「機械オンチにも優しい無料通話専用デバイス」を売り出すのだ。
ボタン一つで誰かと話せる的なソレは、孤独なリタイア生活を送る人に、きっと需要がある。

そして、普及すれば、熟年テレクラみたいなニックネームが付く。

う~ん。。。

何を考えていたんだったかな……。

泡タイプのハンドソープを詰まらせる身内

風呂用洗剤、ハンドソープには、泡になって出るタイプがあります。

液体で出るタイプを、泡で出るタイプの容器に入れると、詰まって出てきません。

泡で出てくるタイプは、泡にするために細かいメッシュがありますが、液体タイプでは このメッシュが通らない。だから詰まる……。

泡タイプが売っていなくて、「泡にならなくても、出ては来るだろう」と思って購入してきたのが一回目。詰まりました。

風呂用洗剤で、泡タイプ用の容器に、別メーカーの泡タイプを入れたのが二回目。
メーカーによって、ノズルの形状が違うこともあり、何とか出るものの泡にならない有り様。使い物になりませんでした。

そして、ハンドソープでも同じことをしたのが三回目。
キレイキレイに、安いプライベートブランドのでも入れたのでしょう。
固くて押せません。

今回の購入理由も、そのメーカーの泡タイプが売っていないから、別のメーカーの泡タイプならいけると思ってというもの。

学習しない。
その一言に尽きるんだけど、もう説明しても意味なさそうだし、メーカー側に統一規格とかを期待してしまう。
そんな勝手な私。

子どもの遊びとして優秀なバドミントン

自分が子供のころ、外で野球やサッカーをして遊んだ。
缶蹴り、鬼ごっこ、野山の探索もした。

正直、外で遊ぶより、家の中の方が好きだったけど、外で遊びたがる友人の影響で、そんな感じだった……。

あの頃は、その遊びについて、「面白い」「面白くない」という視点しかなかった。

大人になって、外で遊ぶ子どもを見る側になると、視点が変わる。

その遊びでケガをしないか、事故に遭わないか、何か壊さないか……。
面白いかどうかより、アクシデントを気に掛ける。

そういう意味では、野球やサッカーなど、球技は最悪だ。
ボールは転がるので、追いかけていたら、車の前に出るかもしれない。
ぶつかり方次第で、結構なケガになる。
なかなかに破壊力があるので、鉢植えを割るくらいは簡単だ。

そんなことを考えると、外の遊びとしてのポイントは次の通り。

・転がる道具がない
・破壊力が無い
・ケガをしにくい

で、バドミントン。
シャトルは、転がらないし、そんなに破壊力もない。
プロは違うかもしれないが、子どもレベルなら……。

お互いに距離をとってプレイするので、衝突する確率も低い。

問題は、屋根の上にシャトルがのるケース。
それを除けば、他のスポーツよりも、見ている側が安心できる。

こういう視点を持ってしまうと、親たちは寛大だったと思えてくる。
まぁ、時代的におおらかだったと言うべきか。
今じゃ、子どもが友達の家に行くことさえ……。

随分と、気に掛けることが増えた気がする。