メモ書き

****

リベラルの行き着く先は弱者支配

病院で診察の順番を待っていたら、ヒステリーを起こしている人の声が聞こえてきました。
その人は受付に対し、どこそこで酷い仕打ちを受けた、こんなことを言われたと、被害者オーラを全開にしていました。

しばらくして診察室が空くと、その人は順番でもないのに診察室に入り、医師に何かを訴え始めました。
喚き散らす声が待合室にも響く中、次の順番だった私は黙って待つことに。

正直、あんな風に何かに怒ったことがないな、怒れるだけの元気があっていいな、と思うところも。


同時に、クレーマーに近い状態に陥った人を相手にする受付の人や医師を見て、その人に時間を支配されている印象を持ちました。
怒っている相手の気分が何より優先され、自分の時間を少しも自由に使えない。主導権を完全に失っていると言えばいいでしょうか。

誰かの世話にかかりきりになり、その人の為に自分の時間を使わなくてはいけない状況。それを“支配される時間”とします。

そういう意味で、最強の支配者は赤子になるのでしょう。
守らなくてはいけない存在であり、世話をして当然という認識があるからです。


一方で、その誰かが顧客であるなら、代価としての所得があるので、単純な支配とは言えないのかもしれません。
代価があれば、クレーマーに対しても「今日のお金は、よく喋るな」と思えるでしょうし……。

その支配される時間に関して、“社会的弱者への配慮”が強調されるあまり、妙なことになってはしないかと思ったのです。

罹っている病気からすれば、自分も その弱者側に足を突っ込んでいますが、だからといって他の人の時間を必要以上に奪ってまで“配慮”を求めたくはない。

アレルギーの人がいたから機内食がどうというニュースを見ても、自分が当事者だったら出て歩かないだろうな。人に気を遣わせるのは嫌だし、可能な限り家の中で生活できる方法を考えるんじゃないか。そんな風に考えてしまいます。

権利が云々の話をすると面倒ですが、“社会的弱者への配慮”というのは、余裕があるうちは可能であっても、余裕がなくなれば厳しくなってくるのではないでしょうか。

「差別って、よくないよね」と思っていても、その考えでは問題が大きくなるという本音があるから、本心に近い指導者を選んでしまうみたいな感じで、余裕があるときの思想は、余裕がないときには受け入れられなくなる。そんな話です。

余裕がなくなると、その余裕がなくなった原因を探し始め、得にもならないのに“配慮”を求められた存在に牙をむく。

「お前らのせいで、こうなった」

という現象に繋がるんじゃないか、みたいな可能性を考えたわけです。

弱者的マイノリティが声高に何かを主張する時代の次は、マジョリティの逆襲時代。
犯人探しと吊るし上げの恐怖。


「弱者が大切にされるなら、今日から弱者になる」

誰もがそう思い、一億総弱者になれば、いろんなものが維持できない。
すると、社会の余裕が完全に無くなり、弱者切り捨てのときが来る……。

* * *

ちなみに、そのヒステリーの人なんですが、最終的にはスッキリした顔で病院を出ていきました。

その後、診察室に入った私を待っていたのは、無力感を漂わせる医師でした。

さっきの出来事を「大変ですね」と気に掛けた方がいいのかと一瞬だけ思いましたが、あまり事情を知らないのに首を突っ込むのもなんですし、他の患者に関することは答えられないでしょうから、話題にするべきではないと思い、自分の症状だけ話して終わりました。

起こった出来事としては、これだけです。
あとは、何となく思ったことを書き留めただけ。

そうだ、建国しよう!

「増え続ける医療費」「15年後はこうなる!」といったことが、病院で配布されてる「日本がもし1,000人の村だったら?」という冊子に書いています。

日本ジェネリック製薬協会が作ったものなので、最終的な流れとしては「ジェネリック医薬品を使おう」になります。

でも、そこにある数字などを見て、思い浮かんだのは「新しい国」という発想。

何もないところから整備するので、その苦労は想像を超えるんでしょうけど、「2020年に実現する海上独立国家」とか、「海上都市国家、2050年に建国へ」といった記事を見ると、「作るとしたら、どうなるのか」を妄想したくなります。

自営業者になって、国民健康保険に入り、ある程度以上の額を稼ぐようになると、アホみたいに取られます。

そりゃね、国民健康保険に入っている人の構成比を考えると、稼いでいる人からガッツリ取らなきゃ維持できないんでしょうけども……。

これが会社員で、「関東ITソフトウェア健康保険組合」みたいに、あまり医療を必要としない年齢層で構成された組合なら、保険料が安く済む上に、福利厚生施設が充実して……となるわけです。

それと同じ発想で「国」を考え、「そうだ、建国しよう!」という妄想を膨らませたわけです。

妄想なので、都合のいいことだけ考えて、想定される問題をスルーして終わるんですけどね。


※ 自営業であっても、業種によっては国民健康保険以外にも入れます。文芸美術国民健康保険組合とか、東京芸能人国民健康保険組合とか……。

職場での変化を嫌う人間だった頃の話

「無難」「妥当」という言葉の使用頻度が、やけに高い時期がありました。

ある会社で働いて頃の話です。

よく、仕事の効率化を図るために改善案を出すと、普段は作業に文句を言っているのに、反対してくる古参社員がいるという話を目にします。

まぁ、何というか、それでした。

別に古参じゃなかったんですが、一年もいると社風という名の風を受けすぎて、新しいもの嫌々病になったんですね。

新しいことを覚えたくないとか、改善案を出した人が気に食わないとか、そういうことでは ありませんでした。

単純に、何かを変えようとしたときの人間関係が面倒になっていたのです。

絶妙なバランスで成り立っている会社の人間関係だったので、どこかを変えることで不利益が生じる人が出て、ギスギスするんじゃないかという不安に怯えていたのでしょう。

ちなみに、ワンマン社長だったので、改善案を出した後の結果は、社長の判断次第。

先に上長に見せ、「いいね」と言われても、後で社長が「ダメ」と言えば、上長も「ダメ」と言いかえる会社でした。

そして、「ダメ」と言った後に、社長の説教が始まります。
場合によっては、社長が行きつけの喫茶店に呼び出され、ホットコーヒーがアイスコーヒーになるまで、ねちねちと文句を言われます。
改善案に対しての文句ではなく、人格否定みたいなものです。

だから、新しいもの嫌々病になって、何の変化も求めないようになったのかも。

まぁ、中には自分の案を通すために他者の案を潰す人がいたり、ノリと勢いだけで余計なことを推し進めて、利益に繋がらない手間を増やしたりする人もいましたが……。

その会社を離れ、今になって思うのは、組織の中に組み込まれた自分が、つまらない存在だったなということ。
協調性やことなかれ主義、誰とでも仲良く精神が、大きな停滞を生み出す要因になる。
そんなところでしょうか。

AIに奪われる仕事って言うけれど

AIに奪われる仕事って言うけれど……

そう言ってる研究者は、その仕事のことをどれだけ知ってんだろう?

どんな業務があるのか、きちんと調べたんだろうか?

例えば、仲介業はAIのマッチングで済むから不動産屋は要らないとか言ってるけど、不動産を管理して、管理手数料を取ってるところもあるんだけど。

4K放送が始まってから、映りが悪くなった理由

分配器と分波器の商品レビューを見ていたら、「4K放送が始まってから、映りが悪くなった」という意見が目につきました。

BSで本格的に家庭向け4K・8K放送が開始されたのは、2018年12月1日からなので、ここ一ヶ月ちょっとに書かれたレビューということになります。

で、新たに分配器や分波器を買った人の多くは、「映りの悪さが改善された」「見られなくなった局が、また見れるようになった」といった感想を書いていました。

以前から、「Dlife(ディーライフ)だけ、見られない」という声があり、その原因は使用している周波数帯域の高さだと言われていました。
4K放送が始まって、周波数帯域が大きく広がったので、同様のことが起きているのかもしれません。

正直、こういうのに詳しい方じゃないので、自信を持って言えるわけでは ありませんが……。


そういう人間なので、「周波数帯域」なんて言葉は耳慣れないので、あれこれ調べながら書いています。
周波数帯域は、電気信号や電波の周波数の範囲のこと。
家にある分波器を見たら、2.6GHzや3.2GHzとか書いていました。「MASPRO CSR7D」とかは、調べないと数値は不明。某所のPDFファイルに、BSは1,000~2,150MHzってあるけど(単位はMHz)。

4Kを視聴するにあたって、「高い周波数(2.2GHz~3.2GHz)の信号を伝送できない機器は交換」を促されていますが、もしかしたら番組によっては「高い周波数」でもOKな機器が求められるのかも。

左旋の電波は、BS及び東経110度CSアンテナで受信した後、従来の右旋の信号より高い周波数に変換されて宅内の配線で伝送されます。このため、左旋の放送を視聴するためには、アンテナ交換に加え、高い周波数(2.2GHz~3.2GHz)の信号を伝送できない機器は交換する必要があります
参照:総務省の4K放送・8K放送 情報サイト

というのは、同じ家で同じ衛星放送の番組を見たのに……

・部屋A:視聴可能
・部屋B:ブロックノイズが酷い

ってなことになったからです。

↓こんな状態

https://5line.xyz/wp-content/uploads/2019/01/blockiness.png

画像の参照元ごぎょう

 

部屋Bの設備がダメなのだとしたら、普段から見られないはず。
そう思って確認したところ、ブロックノイズが酷かった局も普通に映っていました。

だとしたら、そのときの番組に何かあるのではないか。
そう思って調べたところ、ライブ配信されたものが、後で4K放送されるとあったので、その辺の違いかなと思いました。
2Kと4Kでは撮影からして違って、周波数的にも……みたいな感じで。

まぁ、何というか、4K放送が始まってから、映りが悪くなった理由は、周波数かもしれないから、3.2GHz対応の分配器や分波器を買った方がいいのかなという話でした。

 

 

「唐揚げにレモン問題」を解決する夢を見る

夢の中で、「唐揚げにレモン問題」の解決方法を見ました。

個人的には、温かいものに冷たい果汁をかけるのは嫌なんですけど、食品として出された以上は無駄にできないと、レモンを使ってしまう傾向があります。
納豆に付いてきたカラシを使うのと一緒です。入れない方が好きだけど、捨てるのは勿体ないし、他でも使う機会がないから使う的な。まぁ、貧乏根性ですね。

話をレモンに戻します。
脂っこいものを食べた後に、口をサッパリさせたいなら、一緒に出てくるレタスにでもレモンをかけ、それを食ったほうが いいんじゃないか……。
そんなことを考えたこともあります。

別に 一人で食べるなら どっちでもいいんですけど、誰かと一緒に食べるときに、「レモン、かけてもいいですか?」と訊かれる。または、「かけておくね」とかけられる。
ここに、レモン派と、反レモン派の衝突が起こるわけです。

その解決法が、夢の中で出てきました。
レモン果汁がソース瓶の中に入れられ、テーブルの上にあったのです。唐揚げの横に、レモンはありませんでした。
「かけたい奴は、かけろ」という趣向ですね。

夢の中の飲み屋には、割り箸入れの横に、弁当用の醤油小袋みたいなソース、レモン果汁、カラシなんかもありました。

「へぇ~」と思いながら、目を覚ましました。

それだけの話です。
にしても、夕食で食べたわけでもないのに、なんで唐揚げの夢を見たんだろう……。

ラノベのタイトルが長くて酷いと言われているけど、それよりも酷いものを見つけた件

ラノベのタイトルについて、「長い」「酷い」「キモい」など、様々な意見を目にします。
読まないので中身は知りませんが、確かに長い。

特に長そうなものを検索したら、次のようなのが目につきました。


「勘違いしないでよね!アンタの事なんか大好きなんだから!」呪いで本音しか言えなくなったツンデレお嬢様

恋人にしようと生徒会長そっくりの女の子を錬成してみたら、オレが下僕になっていました

確かに長いですね。でも、タイトルで内容が想像しやすい気がします。
もう、あらすじが必要ないくらい。

それに比べ、長いだけで内容が入ってこないのもあります。

フランス産フォアグラのテリーヌ トリュフとブッフサレ リ・ド・ヴォとレンズ豆のガトー仕立て

オマールブルーのソテー 野菜添え クリーミーなソースアメリケーヌ

 


これは知らない単語が入っているので、想像できないパターン。
次は、用途と商品名が一致しづらくて、知らない人は「?」な例。

ハッピーハッピージョイジョイ(ヘアコンディショナー)
俺のぬくもり(ネギ)
光の剣(ネギ)


こうしてみると、内容がわかるタイトルにすることで、表紙のアピール度を増すラノベの方が、まだネーミング理由が理解できる気がしてきます。

ネーミング理由は理解できても、買えたくなるものもあります。

 

爽やかなりんごの風味広がるりんごパンケーキ

ミルクホイップうれしいホイップデニッシュメロンパン

 


商品名で同じ単語を繰り返すのは、言葉の使い方として下手だという印象を持ってしまいます。
最初に「りんご」を入れるなら、最後はパンケーキだけでいいでしょうし、ホイップが二度も出てくると味もしつこい気がしてきます。

それでも、商品が想像できるだけいいというもの。
「シェフの気まぐれサラダ」的なネーミングでは、何が出てきてもおかしくないですから。

野菜が入っていればサラダと言うなら、具として野菜が入っているカレーが出されても文句は言えない。
気まぐれで出したくなったと言われたら、「そうですか」としか言いようがない。

「日替わりサラダをオシャレに言っただけ」
「単なる在庫処分メニューにマジになるな」
そんな反応が返ってきそうですが、逆に「それじゃ、どこに気まぐれ要素がある?」と突っ込んだ人もいたらしく、「仕入れの都合次第サラダ」と改名した店もあるとか。

気まぐれで出すのって、難しいですね。
商品のネーミングには、いろんな人の思惑があるでしょうから、製作側には不本意な名前で出ることもあるでしょう。

作者の心境をラノベのタイトル風に書くと、次のような感じでしょうか。

もっと短いタイトルを考えていたけど、編集に長くて酷いタイトルにさせられた件