メモ書き

****

テレワークで、オフィス賃料削減

急速に拡大していく買取事業者の中には、全国展開を謳いながらも、地方にオフィスを持っていないケースがあります。

出張買取だと、担当者が売り手の家まで移動して査定すれば、それで済むんですよね。
移動関連の費用は掛かるでしょうが、賃料に比べれば安く済むんでしょう。
まぁ、押し売りならぬ、押し買いというのも、横行していますが……。

宅配買取なら、送るだけなので、一拠点でもいける。
店頭買取さえ減らせば、コストは下げられる……。
だって、オフィス賃料は安くないから。

そんな急拡大の事例と、テレワーク移行の話が頭の中で混ざると、一部の業種は土地の呪縛から解き放たれた方が、経営的には明るくなると思いました。

出社する先が無ければ、賃料や光熱費が浮きます。
細かいところでは、ごみの処分費用。
出社する必要が無ければ、社員の交通費も浮きます。

社員は、通勤に時間を取られないので、自由時間が増えます。
仕事着に着替える必要もありません。化粧も不要。

いろんな費用が浮くので、別のところに投資することができます。

とはいえ、事業をするにあたって拠点は必要でしょうから、最低限の場所は用意します。
もちろん、事業用NGな物件を登記するとか、そういうのはナシで。

小スペースでも、たまに人が集まる程度なら、問題ないでしょう。
大きな会社でも、同じ日に社員全員と話す必要があるケースなんて、まず ないでしょうから、時間を決めて共有スペースを利用する感覚で使うのが「会社」であっても、いい気がしてきます。

考えて見れば、賃料というのは、無駄なコストの最たるものですよね。
投資しても、何のリターンもありません。失うだけの費用です。

「持ち家」と「賃貸住宅」の話とは、訳が違います。
家は、住まなきゃいけないので、どちらかを選択することになりますが、オフィスって実は必須じゃない。

キッチンカーだって、ある意味オフィスですけど、賃料は発生しない。
そのメリットは、充分にある……。

別に、職場に行かなくても、コミュニケーションはとれますしね。
と言うか、職場に行くと、仕事の邪魔をされることが多いですし。
職場の人に限らず、変な営業電話とかね。

そして、エアコンの温度設定問題。
自分一人のスペースで、自分にあった環境をで作業するなら、個人宅が最適解。

まぁ、デメリットもあるんでしょうけど、あまり考える気になれないので、今日は ここでおしまい。

低周波マッサージ器には、エネループを

オムロン低周波治療器を使っていて困るのは、電池です。

単四の電池で動くんですけど、電池の残量が少なくなると、振動が弱まるんですよ……。
治療器は「弱」設定じゃないのに。

かといって、電池の残量チェッカーで見る限り、残量はゼロじゃない。
チェッカーでは「弱い」という判定で、リモコンなら まだ使えるレベル。
100均で300円くらいで売ってるのだと、こんな判定具合です。

この残量切れ間近の電池を大量に作ってしまうのが、低周波治療器の難点……と、私は思っていました。
あくまで、個人的な思い込み。もしかしたら、違うかもしれない。

でも、フル充電のエネループを使えば、新しい電池のような勢いを常に体験できる。
そういう意味で、「低周波マッサージ器には、エネループを」という結論に。

エネループは、言わずと知れた蓄電池です。
専用の充電器を使い、コンセントに差して充電するもの。
繰り返し使える分、お値段は普通の電池の何倍もします。

このエネループをフル充電して使うと、先の「残量切れ間近の電池」問題が解決するという話でした。


余談ですが、EMSマシンの低周波は1~1,000Hz。
低周波治療器は、約1~1,200Hzの範囲内で選べます。

「収入に繋がらない習い事」に可能性をみて、どうすんのさ

「子どもには、無限の可能性がある」

……とは思ってないけど、常識みたいに使われてるのを耳にします。
「可能性」に対する個人的な見解は、下記リンク先にて。気が向いたら、どうぞ。

att3200.hatenablog.com


この「子どもの可能性」という言葉をセールスマンが使うのと、その子の親が使うのでは、まったく意味合いが異なってきます。


親「子どもには、無限の可能性がある。だから、習い事をさせよう」

セールスマン「子どもには、無限の可能性がある。だから、こちらの教材を……。そして、習い事は弊社の……」

子ども「うわぁ~、宿題が増やされた」


この場合、追求されている可能性は、何なんだろう?

仮に習い事が「ピアノ」だったとして、それを習わせる理由は何だろう?

ハッキリ言って、音楽は生きていくうえで不可欠ではない。
「ピアノを習う」という投資行為に対し、将来的なリターンを望むのなら、どんなリターンを求めるというのだろう?
音大に進んで、その道のプロに?
であれば、海外留学させて、名が売れるまで援助できるのか?
先々のこと、無限でない親の懐事情を鑑みれば、割に合わない投資に思えてくる……。

「でも、ピアノを習った子の方が稼ぐって……」

経済的に裕福だから習えた。経済的に裕福だから、お金持ちにもコネがあった。
そんなピケティの「R(資本収益率)>G(経済成長率)」を思い出すような理屈が、事実背景としてあるんでしょう。
資本主義では、多くの資本を持つ者が勝者。スタートラインからして違う……。

ただまぁ、最近はYouTubeでピアノを弾き、人気を得ている人もいるので、「稼ぎ方の可能性」は広がっているかもしれません。
それは、以前なら人目に触れることがなかった特技にも言えること。

人気者には、求められるべき“何らかのレアリティ”が存在する。
これから先、子に何かを期待して投資するなら、そんなレアリティの獲得に繋がるか否か。それが判断基準になる気がしないでもないですね。

* * *

習い事の嫌なところは、存在意義が時代によって変化することです。

例えば、そろばん。
昔は、計算に使うので、実用的な存在でした。
でも、今となっては、計算に使ってる人を見ることはないでしょう。

一方で、頭の働きがどうのとか、暗算がどうのと、別の価値が見出されました。
そりゃ、そろばんを製造しているところは死活問題なので、習い事としての地位を確保したいでしょう。だから、「別の価値」は大事。
その辺の手法としては、自社製品の売り上げを後押しする研究論文を書かせる代わりに、研究費用を投じるのに似ていなくもない。

この「そろばん」の後に、「電卓」が出てきます。
習い事としてのイメージはないかもしれませんが、資格があります。
簿記の学校で取得するようですが、これも資格ビジネスのひとつかも……。
その頂点の称号は「名人」なので、名人を名乗りたい人は目指してみるのも一興。

www.dentaku.or.jp

「電卓」の後には、「表計算ソフト」が出てきます。
ようやく現代における実用レベルに到達しました。
この表計算ソフトにも、資格があります。

その資格は「Microsoft Office Specialist」で「MOS」と呼ばれるもの。
私が受けたときは、「MOUS」でした。
別に、取る必要のない資格です。何となく、取っただけ……。
「Word」や「Excel」の試験なので、ソフトのバージョンが上がれば、過去の資格の価値は下がるでしょう。

mos.odyssey-com.co.jp

こんな振り返りをして何が言いたいのかと言うと、可能性がどうのという以前に、「誰かの飯のタネ」としての「習い事」なんだよということ。

 

【株主優待】権利付き最終日2020年2月26日の銘柄

「COVID-19」で下がった株価。
そろそろ反発するかなと思っていましたが、午前中は結構 動いた印象。
上がったり、下がったり……。

次の月曜は祝日なので、今 買うと土・日・月は持ってることに。
それが嫌で金曜に売るのは、たぶん よくあること……。
火曜日あたりに買って、木曜には売り、株主優待をもらう。今回は、そういうケースが増えるんですかね。
株価が、権利月でも下がってるんで。

株主優待目当ての人が買うので、権利月の株価は上がる印象でしたが、今回は違う印象。

なお、イオンは多くの人にオーナーズカードを持たせて、購入を促進したいから“逆に下がる”と聞いていましたが、よくわからない動きに見えます。
まぁ、株価は予想できないもの。そうも聞きますね。

あまり知識も経験もない分野なんで、見当違いなことを書いてるかもですけど。

イオン(8267)
優待内容 : 買物返金カード等

ビックカメラ(3048)
優待内容 : 買物券

吉野家ホールディングス(9861)
優待内容 : 飲食券

クリエイト・レストランツ・ホールディングス(3387)
優待内容 : 食事券

イオンモール(8905)
優待内容 : ギフトカード等

コメダホールディングス(3543)
優待内容 : 自社電子マネー

高島屋(8233)
優待内容 : 買物割引カード

ドトール・日レスホールディングス(3087)
優待内容 : 株主優待カード

ミニストップ(9946)
優待内容 : 無料交換券

日本BS放送(9414)
優待内容 : 商品券

リンガーハット(8200)
優待内容 : 飲食券

クルーズ船への対処は、何が正解だったのか?

「検査して、大丈夫だった人を降ろせば良かった」

という家族。それに対し、

「降ろしたって、隔離しておく場所がない。いろんな国の人間が乗ってるんだぞ、それに宿泊費は誰が持つ?」

と答える別の家族。

近くで見ていて、こんなやり取りが全国でされているのかと、少し思いました。
ついでに、最初の発言に対して、以下のようなことを言いたい心境に……。

「検査したからって、確実に“陰性”とわかるわけじゃない」
「(あの段階では)全員の検査は無理」
「2週間隔離(14日間ルール)」
「降ろした後の移動で、感染が拡大したら?」

思っただけで言わなかったのは、それを言ったところで面倒なだけだからです。
そういう相手だったので、その場を後にしました。

まぁ、連日のように「今日も増えた」とメディアが騒ぎ立てれば、「早く降ろせば良かった」という発想になるのも、わからなくはないです。
実際に降した場合に懸念される課題とか、そういうのを考えなければ、短絡的な解決策に行き着くでしょう……。

それに、入港初期の「毎日、増える」に関しては、潜伏期間の長さを考えると、既に広がっていた気がしないではないです。
「香港で下船した人を乗せた時点で」「船内パーティーで拡散」という情報も見かけましたが、そのソースは確かめていません。

そう、たまたま目にした情報で、判断しているだけなのです。検証もせず。
そういう意味では、最初の「検査して、大丈夫だった人を降ろせば良かった」に近いところがあります……。

ということで、『クルーズ船への対処は、何が正解だったのか?』をテーマに振り返り、自分が得た情報を整理してみます。基本、自分の気持ちの整理のために。

自分の情報を振り返る

PCR検査は、1検体につき、6時間を要する

www.fnn.jp 

 情報源はこれじゃないですけど、こんな感じの内容をどこかで目にしました。
数に限りがあるし、全員に行うのは非現実的で論理的じゃない。そんな話を。
ネットだと思うので、履歴を追ってみましたが、既に削除されているニュースなんかもあるんですよね。

こうして振り返ると、何で得た知識なのかわからないまま、信じちゃってるのって怖いですよね。

取り敢えず、膨大な検査は厳しいのが現実。
まして、未知のウイルスです。
自分が問題に対処する担当者だったらと想像すると、「自分でなくて、よかった」というのが正直なところ。

よくわからないものに対し、適切な対処を要求される。
未経験のみ対象なのに、ベテランのテクじゃないと合格しない。そんなテストは嫌ですよね。

次に、隔離する期間です。
2週間で、14日間。
治験でも目にする期間ですが、この日数の根拠となるものを知らない……。
WHOのルールがどうのというのも、どこかでサラッと見ただけなので、これも情報源があやふや。
何で得た知識なのかわからないまま、自分の中で常識として変わろうとしています。

ちなみに、以下のようなケースもありました。
まぁ、特別な例でしょう。

www.fukuishimbun.co.jp

ここまで振り返って思ったのは、「何で知ったのかわからない情報が、山ほどあること」ですね。
このコロナウイルスに関して、注視しているわけじゃないので、たまたま入ってきた情報で「自分の中の常識」が構築されているのに気づいて、なんか嫌な気持ちになりました。
そういう結論になります。第一段階としては。

でもって、既に閲覧不可能になった情報の中には、バズっていた『松井市長「節度ある報道してよ」→記者「それはムリや」の動画ツイート』もあります。

ウイルス対策

調べていて知ったのですが、ウイルスへの対処に関しては、もうガイドが作られているんですね。
こういう仕事、大変そうですよね……。

感染症の状況は日々変わってきており、対応もそれに応じて変更せざるを得ません。そのため、随時アップデートしていく予定です。

一般社団法人 日本環境感染学会|医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド(2020年2月13日)

 水際対策

水際対策に関しては、「出身地に限らず、中国からの入国はNGにすべきだった」とか、それをやったら「春節のインバウンド頼みの企業が倒産する」とか、「クルーズ船を入港させるな」とか、いろんな意見が飛び交っていました。

まぁ、人は自分にとって都合の良い方を選ぶので、そこに正解はないでしょう。
政党が、支援団体のために動くようなものです。

下記は、アメリカの例です。

クルーズ船の入港拒否に関しても、同じですよね。
「入ってくるな、対処できない」が本音。
でも、そうなるとWHOのように批判するところも出てくる。最初の「非常事態じゃない」発言は別として、そういう役回りはあるでしょう。

どこも受け入れなければ、「人道的に云々」と言う。
でも、どこも問題は抱えたくない。そんなところ。
もちろん、受け入れなくても、受け入れた国の対策が気に食わなければ、声高に文句を言う……。
だから、船舶を保有する会社もしくは国が、何らかのメリットを提供せず、「好意で入れろ」というのは、あれかなぁ~と。

ダイヤモンド・プリンセスに関しては、台湾などのメディアが伝えていましたが、乗客は大半が日本人がだったはず。
であれば、他の国に入港して、そこからチャーター機で運ぶよりも、金額的には……という皮算用もあるかも。いや、ないか。
そこまで考える余裕も情報もなかった。

そう、肝心の情報を満足に与えられないまま、難敵を相手にしろと言われたわけですよ。
「正解」なんて、見つかりそうもない……。
何をしたって、文句を言う人はいるのだから。

ダイヤモンド・プリンセス

f:id:abenao2035:20200219140224p:plain

余談ですが、ダイヤモンド・プリンセスは、2004年に日本で建造されデビューした客船で、三菱重工長崎造船所の技術により“地球環境に配慮”した設計になっているそうです。
船籍は、英国。

f:id:abenao2035:20200219140201p:plain

これの情報源は、JTBクルーズのパンフレットになります。
昨年の夏ごろ、横浜でもらってきたものです。
その時期で、2020年3月からの予約が紹介されていました。
その横には、飛鳥Ⅱの2019年11月発のパンフレットがあったので、一緒に貰ってきていますが、予約が始まる期間が違い過ぎる……。

f:id:abenao2035:20200219140315p:plain

で、今日の新しい情報は「ダイヤモンド・プリンセスはCOVID-19製造機」です。

あの動画を見て思い出したのは、省庁に出入りする企業に勤めた友人が、行く省庁によって担当者の尊大ぶりが変わるという話。
そういう人を排出する風土なんでしょうかね……。

でもって、今回の件では中国の医師と言い、個人の発信がメディア以上に“報道”している気がするということ。

報道と言えば、動画の人の記事を読んでいました。

mainichi.jp

それにしても、毎日のように新展開を見せるので、いろんな人の手のひらがクルクル……。
発言する必要が無いなら、黙っているのが賢いですね。

そういう意味では、こんな記事を書いている時点で、阿呆だなぁ~と。
どうせ、あとで振り返って、見当違いなことを書いているとか、思うんですよ。
「この頃は、正確な情報を知らないから、こんな主張をしていたんだ」って、自分に言い訳しながら。


クルーズ船は窓を開け放つべきだ

クルーズ船に関しては、窓を開け放つべきという主張も見ました。
空気に触れれば死滅するから、だったかな。

headlines.yahoo.co.jp

f:id:abenao2035:20200219140234p:plain

まぁ、窓がない部屋もあるんですけどね。
窓なし、海が見えない内側だから、安いってやつ。

ここから、ちょっと話がそれますが、タイトルの「クルーズ船への対処は、何が正解だったのか?」への答えは、「そんなもの、あるわけない」です。

だって、何をやっても誰かが文句をいう仕組みだもの。

ずっと政権批判をしている人は、そのネタとしか見ていない。
発言者のプロフィールを追えば、「あぁ、そっち系ね」という属性が山盛り。
中には、デマが拡散されて調子に乗ってる人も……。

なかなか、曇りなき眼には出会えません。

クルーズ船なんか、要らない

肺炎は春に収まる。
その主張通りだったとしても、「クルーズ船なんか、要らない」という結論に辿り着く人は少なくないはず。

経済的な恩恵を受けるのは、入港する港近くで商売する人でしょうか。
それ以外の人にとっては、問題の方が多い。
だから、日本よりも流行っている西側諸国の方で、入港の是非がニュースになっていたような?

何はともあれ、こういう事態になれば、どこが問題を受け持つかで揉める厄介なサービス。
しかも、利用者は富裕層とくれば、叩きやすい玩具と化すでしょう。
人によっては、「上級国民の乗り物」という認識でしょうから。

f:id:abenao2035:20200219140244p:plain

実際には、安くはないけど無理じゃない額の費用で旅行に行けるので、「富裕層と出会うキッカケ」として、そういうのを狙っている人には、絶好の出会いの場所という側面もあります。
ただ、日本人の利用者は高齢者が多いはず。
日本で働いていて、何ヶ月か先の長期休暇を取れる人は少ないでしょうから、必然的に引退した年代が多くなるでしょう。

f:id:abenao2035:20200219140213p:plain

そういった方々が船で出会い、交流を深め、定期的に船で会うんです。同窓会のように。
リピートするほどに、ランクが上がって、受けられるサービスも変化するので……。
確か、ね。

個人的には、まだ乗ったことはありませんが、興味はあります。
物語の舞台として 色々整っているので、創作の素材として興味は尽きない。そういう意味での興味です。

パンフレットには、1977年 船上を舞台にしたテレビ番組『ラブ・ボート』が大ヒット。クルーズブームのきっかけに。とあります。

今回の件で、イメージが悪くなったので第二の『ラブ・ボート』を狙い、船上が舞台のドラマが作られるかも。

ただ、やはり環境面の問題もあります。
あの巨大な船を見て、「電気は、どうやって?」「ゴミは、どうしてるの?」とか、思う人もいるでしょう。

その辺に関して、公式サイトでは“地球環境に配慮”した設計が謳われています。
一方で、次のようなニュースもあります。

forbesjapan.com


なんか、前にも書いた気がしましたが、それはゴジラの感想のときでした。

att3200.hatenablog.com

プラスチックによる海洋汚染、その元凶みたいな存在なのに、一部の環境団体が目を向けないのは、なぜか。
彼らに金を出す人が絡んでいるから。彼らの娯楽だから。
まぁ、そんな発想に至っても、無理ないのかも。

f:id:abenao2035:20200219140305p:plain

そういった問題も含め、物語の舞台としては「整っている」んですよ。
カジノもありますし。


* * *

なんか、もやもやしていたので、文章に書いてみましたが、スッキリしませんね。
無駄な時間を過ごしてしまった感があります。

最後に、日本人の判断基準をひとつ。

他国とは異なる日本の対応は間違っていないのか

 

www.fnn.jp

 

そういう記事じゃないんですが、見出しを見ると突っ込みたくなります。 

他と一緒なら、間違っていても いいのかい? と。

オリンピックの記録は、参考にならない

「母国開催で声援が後押し……」
「アウェイは不利ですね」

これが理由になるんじゃ、もはや「追い風参考記録」みたいなもの。
だとすると、観客を入れてる時点で、人類が到達しえたデータとしての価値は、減るんじゃないだろうか……。

理系っぽくデータとしての価値を見ると、そういう見解になってくるという話。

記録を重視するなら、観客無しで行うのがベスト。
その方が参加者に同じ条件を提供しやすいもの。
特定の国だけブーイングする連中がいる場合は特に……。

お金を稼ぐ方が主目的なら、記録はオマケでしかないんだけど。

いずれにせよ、ライブビューイングで観戦できる時代なんだし、観客無しで行われる競輪のように、中継で見せて視聴料金か何かを取る方がいいんじゃないのかなと。
でもって、オリンピック・プライム会員になれば、好きな角度から映像を見られるとか、バックナンバー的に過去映像が見られるとか、特典を付けたりして……。

好きな人は有料でも見るだろうし、興味のない人は見向きもしない。
これからのスポーツは、そんな存在に持っていったらと、思わなくもないですね。

att3200.hatenablog.com


設備の維持費とか、公共の施設として税金を投入するには、コスパが悪い気がするんですよね。
使わない人も少なくないですし……。

AIは、ジャンケンマンに勝てるのか?

囲碁AI「AlphaGo」

AI将棋「YSS」

チェスAI「Deep Blue」

年代は様々ですが、いろんなAIが その道のプロと戦ってきました。

じゃあ、ジャンケンにAIを持ち込んだら、どうなるのか。

「AI じゃんけんマシン」なるページがあるので、ひとつの答えとして受け止めることもできるでしょう。

www.ton.scphys.kyoto-u.ac.jp

「AI じゃんけんマシン」の率直な感想を言えば、相手は勝ち手を繰り返す傾向が見られますし、人間は前と同じ手を出しにくい傾向が“判断材料”として入っている気がします。

「勝ち」を学習しているのは、同じ手を続けて出すとわかります。
「グー」を出し続けると、相手は「パー」を繰り返すのです。
その後、「グー」以外の手に変えると、「変化したこと」を察知して対応してきます。

やっていて思い出したのは、「日本じゃんけん協会」にある「勝利の法則10ヵ条」です。
中でも、『あいこには負ける手を』というもの。

これは、例えば「グー」で「あいこ」になったら、次は「チョキ」を出すという手法。
「チョキ」で「あいこ」になったら「パー」で、「パー」で「あいこ」になったら「グー」です。

同じ手を繰り返したくない心理があるので、人は別の手を出したがる……。
となると、「グー」で「あいこ」になったら、別の手は「パー」か「チョキ」になります。
「パー」と「チョキ」では、「チョキ」が勝つ。
「あいこ」になった手「グー」に対して負ける手「チョキ」が、次の勝負では勝つ確率が高い。そんな話。

この勝利の法則は、「人間との対戦」を原則に書かれているでしょうから、手の動きとして“出しやすい手”が法則のベースになっている気がします。
AIは「手を握る」わけでも、「手を開く」わけでもないので、動作的な労力は無関係。
それでも、「グー」と「グー」であいこになったら、「チョキ」を出してくるような気がしました。

こちらもAIの真似をして、勝った手をある程度 繰り返す。
そして、唐突に違う手を出すといった感じで出したら、勝ち数は増えました。
再度、同じことをして勝てる保証はないですが……。

というか、どう学習しているのかも、わからないですし……。

さて、本題です。

「AIは、ジャンケンマンに勝てるのか?」

この問いを考える前に、ジャンケンマンについて解説します。

かつて、ゲームセンターやスーパー、デパートのおもちゃ売り場などに置かれていたメダルゲームになります。
メダルを入れて、じゃんけんをするだけ。
勝ってフィーバーすれば、出るメダルも増えたはず。

ずっと、「ジャンケンポン、ンゴー」だと思っていましたが、負けたときの音声は「ズコー」らしいです。

ちょっと前に動画を見て知りましたが、このジャンケンマンは難易度設定が可能です……。

運要素の強いジャンケンで、難易度が調整できるんですよ?
凄くないですか?

これって、イカ〇マじゃ……。

ということで、「AIは、イ〇サマを学習できるのか?」という問いに代わります。

まぁ、勝ち負けが決められたものに対し、学習したところで無意味なんですけどね。

でも、戦わせてみたい……。

* * *

と、ここまで書いたら、なんか飽き始めてしまったので、いったん放り投げます。
気が向いたら、また考えよう……。